十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

アザラシのくる海」 みんなの声

アザラシのくる海 作・絵:マイケル・フォアマン
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年12月
ISBN:9784566006195
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,305
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少年とアザラシの友情

    少年と子どもアザラシの友情の物語です。
    老人と海に出かけた少年が目にしたアザラシ親子。
    少年は子どもアザラシの自立を応援しつつ、自分も成長していきます。
    言葉では表現されていないのですが、少年の足が不自由なことを知ってしまうと、少年がサーフィンで海に出ることが、少年にとってどんなことだったのか、その重さがどんどん膨らんでいきます。
    荒海の四季、アザラシも過酷な自然の中で弱いものは犠牲になっていきます。
    そんな中で、深まっていくアザラシと少年の友情。
    荒波に海中に引きずり込まれた少年を助けたアザラシ。
    やがて少年は成長し、子どもアザラシも親になります。
    淡々と描かれる大自然の中のドラマ。
    少年の足が不自由なこともその理由もあえて言葉にしないフォアマン。
    絵本でありながら、壮大なドラマを感じさせてくれました。

    文中に出てくる「ベートーベンの音楽」、いったいどの曲だったのでしょうか。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友情

    少年の足が不自由なのは、問題にしていないのがとても親近感を感じました。足が不自由なのに、サーフィンをやる少年に希望をもらいました。アザラシに少年が助けられてよかったと涙が出ました。足の不自由な孫と少年がどうしても重なってしまいました。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット