すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

みどりののはらであそぼうよ」 みんなの声

みどりののはらであそぼうよ 作:マーティン・ワッデル
絵:バーバラ・ファース
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年05月
ISBN:9784566006348
評価スコア 4
評価ランキング 22,506
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身内

    雪の野原で道に迷った子ウサギがいちわ、倒れていた。ウサギがいちわという数え方がとても気になる私でした。子ウサギが老犬のベンになついて、老犬も我が子にように可愛がっているのは、同じ家族として生きている者同士、身内のように思うからだと思いました。老犬が死んでしまって大好きな葉っぱまで食べれなくなってしまったのは、やっぱり親しい家族だからだし、いつも一緒に過ごしているものがいなくなるのは動物でも同じように愛する気持ちがあるからだと思いました。また新しい家族が増えて、ウサギのミミも子犬のパピに、可愛がってもらったベンと同じ匂いと思いを抱いたに違いありません。とても素敵なお話だと思いました。

    掲載日:2011/01/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット