ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

だれをのせるの、ユニコーン?」 みんなの声

だれをのせるの、ユニコーン? 作:エイドリアン・ミッチェル
絵:スティーブン・ランバート
訳:おかだよしえ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784566007246
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,114
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しい絵

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    絵が絵画のようで、じっとみいってしまいました。
    子供よりは大人向けの内容です。
    ラスト、女の子がユニコーンに乗せられていってしまうのですが、その先が気になるまま終わってしまうのが御伽噺のようでいいのかな、と。
    英語のタイトルがそのまま女の子の呼び名に関係があって、邦題ではわからず残念な気がしました。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な絵が魅力的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    表紙のユニコーンの絵があまりにも綺麗だったので読んでみました。
    叙情的な絵と言えば良いのでしょうか?
    幻の獣と言われるユニコーンに相応しい画風で描かれています。

    主人公は、みなしごで名無しのゾエ。
    王様の命でユニコーンをおびき寄せるのですが、王様がユニコーンを殺すと知って逃がしてやります。
    怒った王様は、何人もゾエと話をしてはならぬとお触れを出します。

    一人ぼっちになったゾエは、またユニコーンと会おうと森に入っていくのです。

    格調高い文章が、少し子供には馴染めないかも知れませんが、とても優しい気持ちにさせてくれる作品だと思います。
    何と言っても、絵が魅力的で幻想的な世界に誘われることは間違いないでしょう。
    絵を楽しみ、空想に浸れる絵本でした。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット