ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「ひみつのちかみちおしえます!」 みんなの声

ひみつのちかみちおしえます! 作:ごとうりゅうじ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ひみつのちかみちおしえます!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険いっぱい!

    1年2組の家庭訪問が始まりました。
    家庭訪問1番手はわだくんとあさのさん。
    家庭訪問と言えば、私たちの時代にも先生の車に乗って
    家まで案内したり、歩いて案内したりしてたのですが
    このクラスは、歩いて案内するようで
    その道案内をかってでたのが、どうもクラスでも
    やんちゃな方の男の子なのかな?
    その男の子、ごんちゃんが近道を知ってるからといって
    案内することになったのです。
    近道と言えば、私が思い出すのはやっぱり
    そんなに鋪装されてない道で、人が一人やっと通れる位の
    道なのですが、やっぱりごんちゃんが案内した道も。
    その道をどんどん進んでいくのですが・・・。

    やまんばのやかたにだいじゃの川、わにのマンホール、
    おむすびころりんのさか、かってにつけた道や場所が
    子どもたちの心をくすぐるようななまえがどんどんでてきて
    息子もワクワクしながら読み進めて、
    「オレの帰り道には○○道があるよね〜」
    と、目を輝かせながら話したりして、
    ごうちゃんの案内する道がどこに続いてるんだろう?と
    お話しに続きが気になる様子でした。

    今回のお話しは子どもたちだけでは無く、そこには
    担任の先生も一緒なんですが、その先生のキャラも
    とてもおもしろく、「子供みたいに楽しんでるね〜」
    って思えるほど、楽しんでるところが、楽しい雰囲気いっぱいに
    なったようです。
    初めて通学路を歩く様になった1年生あたりには
    ワクワクが止まらない!お話しだと思いますよ!

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット