なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おかあさんぼくできたよ」 みんなの声

おかあさんぼくできたよ 作・絵:篠崎 三朗
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年
ISBN:9784783402695
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,411
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さい子向けかな

    この絵本は字がほとんどなかったのでうちの子には物足りなかったみたいでした。でも、お話は、クジラの子どもが自分でいろいろなことに挑戦してできる喜びを味わうといった感じだったので、クジラの子ができたときの顔なんかはとってもかわいかったです。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張る気持ち

    この絵本はくじらの親子のお話です。

    で、最初と最後に少しだけお話が出てきて、

    あとのページは絵だけ!という構成になっています。

    くじらの子どもは、まだ上手にシオを吹くことができません。

    お母さんくじらのシオ吹きを見よう見真似で一生懸命まねします。

    そして最後には、頑張ったかいがあって、上手にシオ吹きできるようになります。

    見よう見まねで、すこしずづできないことができるようになってくる・・・
    くじらの子どもも、息子も娘も、子どもは何でも見よう見真似で上手にできるようになってくるんなだな〜!と思ったら、なんだかあったかい気持ちになりました。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 潮吹きのできないくじらの子のお話

    この本の主人公は、潮吹きのできない子鯨だ。
    それが、潮吹きができるようになるまでを丁寧な絵で描かれている。
    文章はたった一言「おかあさん ぼくできたよ」である。しかし、この一言にこめられた喜びをうまく
    表現している。

    掲載日:2002/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット