十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

世界おはなし名作全集 ジャックとまめの木」 みんなの声

世界おはなし名作全集 ジャックとまめの木 作:森山 京
絵:村上 勉
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,194+税
発行日:1989年12月
ISBN:9784092390034
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「世界おはなし名作全集 ジャックとまめの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 有名なイギリス民話ですが・・・

    有名なイギリス民話、「ジャックとまめの木」「三びきの子ぶた」「三びきのくま」の3話からなる絵本ですが、途中にマザーグースのうたもいくつか紹介されていたり、「せかい子ども百科」というコーナーや、「名作の旅」という大人向けのあとがきのようなページまであり、かなり読み応えのある構成となっています。特に、あとがきの「イギリス民話の世界」では、「共通する三の意味」について詳しく述べられていて、今まで何気なく親しんできたお話でしたが、そんな深い意味があったんだ、と感激してしまいました。昔話と言うのは、本当に奥が深いのですね。

    3つともハラハラドキドキのお話でしたが、娘のお気に入りは「ジャックとまめの木」。その中でも、“金の卵を産むめんどり”が気に入ったようで、本を読むたびに、おもちゃのにわとりを持ってきては、「産め!」とジャックのせりふを真似て喜んでいます。人食い鬼が次々に食べるごちそうには、ちょっとぶるぶる。きのうは、人間の男の子。今日は鶏の丸焼き。「今度は、カモさんも食べちゃうの〜?」と、怖がっていました。

    「三びきのこぶた」は、私のほうが、びっくり。三匹がそれぞれ、わらの家、木の家、レンガの家を作るのは、物語のほんの始まりの部分でしかなかったのですね。その後のストーリーをまったく知らなかったので、そこからの展開と結末に驚いてしまいました。
    娘も、おおかみが2匹目のぶたを食べてしまったときには、「え〜っ、またぁ!?」と驚き、3匹目の子豚に何度もだまされ、もう我慢ならないと怒鳴ったおおかみに対し、「怒鳴るのは、いけないんだよね〜!」と、真剣に怒っていました。

    「三びきのくま」の絵は、柿本幸三氏によるもの。つい「どんくまさん」を思い浮かべてしまいますが(!)、福音館書店の「3びきのくま」と比べ、やはり気のいいくまさんの印象が強く、女の子の表情もかわいらしく描かれていました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット