あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

「おおきなリスとちいさなサイ」 みんなの声

おおきなリスとちいさなサイ 作:ミーシャ・ダミヤン
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 0
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「おおきなリスとちいさなサイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きさがあべこべ動物のお話

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     森の奥でのお話。ある日、リスはサイと、ねずみはライオンと、かえるはワニと大きさがあべこべになってしまいます。大きなリスと小さなサイ、大きなねずみと小さなライオン、大きなかえると小さなワニ。こうなったことにより大きな動物たちは、日頃いかに小さな動物たちが自分たちのいばった振る舞いのせいでいやな思いをしていたかを思い知らされるのでした。
     お話の視点はとても面白いけれど、説明が多すぎて物語としてはちょっと間延びしているところがあるかも…。アイデアは面白いのに残念と感じた作品です。でも、息子は喜んでいました。動物たちのイラストがユーモラスだからかな? 絵は、しろくまくんの絵本でお馴染みハンス・ド・ビア。長めのお話なので、就学前のお子さんから。

    掲載日:2002/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(0)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット