なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

日本みんわ絵本のシリーズ ひょうとくさま」 みんなの声

日本みんわ絵本のシリーズ ひょうとくさま 作:岩崎 京子
絵:石倉 欣二
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784593562206
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「日本みんわ絵本のシリーズ ひょうとくさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひょっとこにまつわる民話

    ひょっとこにまつわる東北地方の伝承に基づいたお話です。

    じいさまが見慣れぬ穴にしばのたばを投げ込んでいたら、中から現れたわが目を疑うような美人のあねさま。
    あねさまに引き込まれてごちそうになった帰りに、預かったひょうとくというこぞうさま。
    このこぞうさまが小金をへそからひねり出してくれます。
    やさしいじいさまと強欲ばあさまの生活は良くなっていきますが、小金では物足りないばあさまがひょうとくのへそを指でえぐったら、ひょうとくは死んでしまいました。
    夢枕にあらわれて形にしたのがひょっとこです。

    と、まあこんな話ですが、地方色豊かな話の中で垢抜けたあねさまは、私にとっても不埒な思いになるほどの美人に描かれています。
    一人標準語を話すあねさまは魔性の香を漂わせておりますぞ。
    ひょうとくとあねさまの関係はなんだったのでしょうか。

    石倉欣二さんの絵には、香りがあります。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット