ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

宮沢賢治の絵本 よだかの星」 みんなの声

宮沢賢治の絵本 よだかの星 作:宮沢 賢治
絵:ささめや ゆき
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784895881173
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,197
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 伝えなくてはならないこと 受賞レビュー

    改めてこの絵本を読んでなんて切ないんだろうと思いました。

    私が幼い頃から母に「人を外見で判断してはいけない」と厳しく言われて育ちました。
    顔にコンプレックスを抱える母にとってこれまでの人生は娘の私でも知りえない辛い経験があったのだと思います。
    しかし社会とは本当に冷酷な一面を抱えており、小学生になった私にも現実の冷たさを教えました。
    太っている、運動が苦手、先生に好かれている等等様々な理由で子どもの社会でも他者を排除しようとすることがあり、同調しない私にもその排除の刃は向けられました。
    もし小学4年生の時の私がこの物語に出会っていたら安易に「夜だかのように星になってしまいたい」と思ってしまっていたかもしれません。

    息子はまだ幼く、今は世界の良い部分をたくさん教えてあげたいと思っていますが、もう少し成長し社会にはあってはならない「差別や偏見」というものも実際に存在するということ、しかしそれに決して乗じてはいけないということをこの絵本を介して話す機会があればいいなと思います。

    ささめやゆきさんのクレパス画は時に優しく時に激しく夜だかの感情を表していると思います。
    息子と絵本を読んだときに私の話とともにこの絵が息子の心に強く残るのではないかと思います。

    賢治の絵本を通じて夜だかのように星になってしまう子どもたちがいなくなることを願います。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学生の頃に読みました。
    そして読書感想文にも書いた、宮沢賢治の作品の中で一番心に残っているお話です。

    よだかは醜い鳥です。だからみんなに嫌われていました。
    でも、よだかは優しい鳥です。今までに一度だって悪い事なんてした事はありません。

    ひっそりと真面目に寂しく生きるよだかを、誰に蔑む権利があるのでしょう…
    生きていることにすら罪悪感を感じる、よだかはもう…そこまできていたのです

    そしてある日の夕方、とうとう鷹が「改名しろ」と、よだかの元にやって来ました。
    それはよだかの存在をも否定する、あまりにも残酷な行為でした。

    よだかはそんな事をするくらいなら死んだ方がましだ、今すぐ殺してください、と言いました

    小学生の私には、報われないよだかが可哀想で可哀想で、あんまりだと思っていました。
    そして、よだかのために自分がなにかできないか…と思っていました。

    弟のかわせみや蜂雀の愛だけでは、よだかの悲しみや苦しみは救えなかった
    よだかにはもう、どこにも居場所がなかった

    よだかが空へ昇る時、空を切る稲妻のように力強く、よだかが落ちる時、 それはそれは美しい流れ星のような光だったんでしょう…

    そしてよだかは、夜空を照らす星になった。

    目が覚めると、すぐとなりにはカシオピア座がいて、そして天の川の青じろい光がすぐ後ろになっていました。

    星になることを望んだのはよだかですが、本当はこの世に生きていたかっただろうと、そう思っていてほしいというのは、私のわがままですね…

    小学生の頃はこの結末が良いのか悪いのか半信半疑だったけど、今は心から思います。
    よだかは報われたのだと。

    …やっと居場所を見つけたんですね。

    よだかの星が一際輝きながら燃えているのは、よだかが誰よりも、美しい心を持っているから

    そして野原や林の鳥たちは、あんなに忌み嫌っていたよだかの星を毎晩見上げては、心を休めるのでしょう
    体は焼けてなくなっても、よだかの心だけはいつまでも美しく燃え続けています…

    このお話の中で私が一番好きな場面は、よだかが甲虫を噛まずに、呑み込むところです。
    自分が食べる虫の命をも慈しむ、よだかの優しさと苦しみが、痛いほど伝わってきます。

    私は自分に厳しく周りに優しくできる者が、本当に強いと思うのです。

    よだかはとても強い鳥だったのだと、大人になってわかりました。
    そして、よだかの事がもっともっと大好きになりました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんとも切ないお話。

    よだかは、実にみにくい鳥です。だからと言って、こんな風にならなくてもいいのにと、読みながら心が痛くなりました。
    みんなから、ひどい言葉を浴びせられ、意地悪をされるとは、あんまりです。そんな切ないお話の世界を、優しいクレパスの線で描かれ、心洗われるような思いがしました。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ささめやゆきさんの美しい絵

    正直なところ、小さい頃から宮沢賢治に苦手意識があって、あまりきちんと読んだことのないお話が多いのですが、レビュー企画でこのシリーズをしり、有名なな絵本作家さんが描く宮沢賢治の世界に魅せられています。
    こちらもはじめて読むお話でした。ささめやゆきさんの描く絵が好きなので、ワクワクして読み始めました。でもこんなにも悲しいお話だったなんて・・・
    ささめやゆきさんの美しい絵が、その悲しさを際立たせている感じさえしました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 純真な子どもが描いたような

    懐かしい!!

    以前この物語を、何度も朗読しました。

    その時には当然ながら文章のみなので
    自分で場面を想像しながら声に出したのですが

    こうして絵本になったものを開いてみると
    他に、このような「よだかの星」があるのだと
    とても興味をもちました。

    絵本は、見た人たちが近いイメージを持てるところが良いですね。

    純真な子どもが描いたようなイラストは、
    さすが ささめやゆきさんの作品だなと思いました。

    最後はやはり切ないのですが、
    心が浄化されてゆくような気がしました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不条理な世の中

    その姿も、名前も、よだかには何の罪もない。
    それなのに、どうしてこれほど虐げられないといけないのか…。

    賢治の頃も今も、世の中は、不条理なことで溢れています。
    時代は大きく変わっても、人が持つ心の闇は変わらないんだと思うと、とても悲しい気持ちになりました。

    誰にだって、光輝く権利がある。
    星になったよだかが、それを証明してくれている気がしました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しいお話

    よだかの星。宮沢賢治の有名作品だと思いますが、私は大人になって初めて読みました。

    こんなに心苦しくなり、悲しいお話だったとは思いませんでした。
    何も悪くないよだかがどうして‥という思いで胸が締め付けられました。
    見た目で差別することの理不尽さ。どんなに残酷なことなのか、イジメについて考えさせられるお話です。

    やけ死んでも構わないから星になりたいと願ったよだか。その気持ちを思うと、切なくて涙が出ました。
    星になったよだかは心安らかに幸せになったのでしょうか。
    でも、絶対に死は選ぶべき道ではない。どこまでもまっすぐに空へ向かってのぼっていく力があるのなら、もっと生きる力へ使ってほしかった。
    いつか子供が大きくなって読むとき、私は子供にもそう伝えようと思います。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすごく素敵です。

    私の苦手な物悲しい内容です。
    でも、よだかが星になる時の表現はとても素敵だと思います。
    死に向かい、どんどん加速して飛びゆく様子が目に浮かぶようです。

    絵が、とても素敵です。
    ずっと夢の中にいるような、やわらかい、ほんのり明るさがある。

    ただ、命と引き換えに魂が救われる、という結末がどうしても好きになれません。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の美しさ

    この年になって初めて「よだかの星」を読みました。

    今まで「よだかの星」というタイトルにとてキレイなイメージを持っていたので、このようなせつないお話だったとは正直驚きました。

    ささめやゆきさんの描く、ダイナミックなよだかが、すごい存在感をはなっています。
    そして、よだかの心の美しさが伝わってきました。

    タイトルから伝わるきれいさは、よだかの心の美しさが表れているのだと、読み終わってから思いました。

    私たちが生きる社会では、人を外見だけで判断することが、よくあります。
    子供達がいろいろなことを考えるきっかけとなる作品ですね。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい

    よだかはみにくい鳥です。まわりのみんなからも嫌われています。自分というもの、自分の運命に絶望して、よだかは星になりました。自分のせいではないけれど、自分にはどうにもできないことを他者にいわれたときの悲しさというか切なさ、つらさが、心に差し込みます。死というものを考えるきっかけというか、苦しみながら生きる方法と、死を選んでしまったよだか、そしてそれ以外の選択肢があったのかもしれません。星になったことはきっと正解ではなく、賢治はこれをきっかけに皆に問いかけたかったのではないでしょうか。そして自分達の問題として考えてほしかったのかもしれません。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット