あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

山ねこおことわり」 みんなの声

山ねこおことわり 作:あまん きみこ
絵:北田卓史
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784591005552
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジブリの世界と似てます

    5歳の息子が幼稚園から借りてきました。

    タクシーの運転手なのにどこを走っているのか分からなくなって来たり
    タクシーに乗せたお客さんをちらっと見ると山猫だった!
    まるでジブリの世界そっくりです〜
    また山猫の顔のイラストがトトロにでてくるネコバスと似てたり・・・

    山猫が人間に化けてお医者さんとして修業中。
    早く腕を磨いて自分の街に帰らないと・・・なんて
    なんだか胸が熱くなってしまいます。

    息子は山猫が人間のお医者さんだなんて!!
    それはそれはビックリしていました。
    気に入ったようで何度も読んで〜と持ってきた絵本でした。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の魅力たっぷり

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    ちょっとレトロな雰囲気の絵本です。

    でも、読んでみたら面白かった!

    タクシーに乗ったお客さんが、じつは山ねこだったなんて、運転手さんはびっくりしたでしょうね!

    動物が人間に化けるお話というのは、わりとはずれがないというか、面白いことが多いように思います。

    小学校低学年くらいが一番楽しめるかな。

    掲載日:2012/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかしたらたくさんの山猫が人間社会で

     あったかいお話でした。
     町で働くお医者さんがふるさとのお母さんの病気を診に行きます。
     松井さんのタクシーに乗ったまでは良いのですが、虹のような林にさしかかったところで、そのお医者をバックミラーを通して見ると、なななんと山猫に・・・。
     驚くような展開に、もしかしたらたくさんの山猫が人間社会の中で、姿を変えて働いているのかもなんて言う想像を巡らしてしまいます。

     ラストの松井さんとお医者さんの心の触れ合いに、読後何とも言えぬ素敵な気持ちになれました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとしたお話

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    空色のタクシーの運転手・松井さんがいろんな不思議な出来事に遭遇する話がいっぱい載っている『車の色は空の色』という本の中の話から絵本になったようです。
    山猫とは知らずにタクシーのお客として乗せてしまった松井さんは、最初、山猫と気がついたときに驚いて、山猫に対してきつく「降りてください」と言ってしまいました。
    ですが、山猫から「どうしてですか?お金さえ払えば山猫だって乗ってもいいじゃないですか」と言われ「それもそうだな」と思い直します。
    見た目で差別をしてはいけないということですよね。
    とても不思議なお話ですが最後まで読んで行くと心が温かくなりました。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が暖かくなる

    タクシーの運転手の松井さんのお話。そのうちの一つを小学校の教科書で習った思い出があります。

    うちの一つを小学校の教科書で習った思い出があります。

    最後の松井さんの粋な計らいがいいなと思いました。

    この作品の一つの見所は、松井さんと乗客の心のやりとりなのですが、読んだ後、心が暖かくなるのを感じました。

    掲載日:2009/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわ〜!なつかしい!

    私が小学校の頃の教科書に掲載されていた「車の色は空の色」
    の絵本だ!とおもって、図書館で見付けたときには感激しました。
    そらいろの車に運転手の松井さん。あ〜、なんて懐かしい響き!!
    早速、子どもたちと一緒に楽しみました。
    若い男のお客さんが山猫に変わったところから、
    松井さんはどうなっちゃうの?と心配になった様子ですが、
    その後は何とも心温かい関係が築けたようで安心して読み進めた
    子どもたちです。
    この「車の色は空の色」はシリーズなのかな?
    このお話しをきっかけに、探して、
    子どもたちにも、私たちが学んだこのお話しを
    よんであげたいたいな〜って思いました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『車のいろは空のいろ』の絵本!

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    『車のいろは空のいろ』の中の『山ねこおことわり』の絵本があったなんて知りませんでした。
    図書館で見つけてひとりで大興奮してしまいました。
    絵はもちろんお馴染みの北田卓史さんです。いつもの「松井さん」の絵です。

    6歳の娘は最初、松井さんのタクシーに乗ったのが山猫だとわかったとき「うわ〜」なんて怖がっていましたが、実は山猫はお医者さんで、病気のお母さんの所に行く途中だというくだりから肩の力を抜いて楽しんでいました。
    最後、松井さんの優しさいっぱいのシーンで終わり、こころがホッと暖かくなるのを感じました。

    娘に「このお話はもっといろいろな話があるんだよ。」と教えたら、
    「うわ〜読む!」と意気込んでいました。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / よるくま / バムとケロのさむいあさ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット