すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

記憶の小瓶」 みんなの声

記憶の小瓶 作:高楼 方子
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784861010231
評価スコア 4
評価ランキング 22,728
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たかどのほうこの作品を息子と読んできて、たかどのほうこ自身のことを知りたくなったので、読んだのがこの本です。

    「月刊クーヨン」に掲載された作品に加筆・修正と書下ろしを加えたエッセイ集がこの本です。

    作家になる人は、小さな頃のことをよく記憶していて、そのことが作家としての財産になるということを読んだことがありますが、一歳頃からの幼児期にあったお話が展開されていきます。

    子ども特有の思い込みや理不尽に思っても言えなかったことなど、全く同じ経験がなくても、子どもの頃には似通ったようなことや消化しきれなかった思いなどが、読みながら蘇りました。

    「従弟の誕生がそうだったように、偶然目の前に現れた誰かによって歪みが矯正され、解放されるということは、時折起こった」という箇所を読んだ時には、最近読んだ「キロコちゃんとみどりのくつ」を思い出しました。

    エピソードを読みながら、この話はあの本に活かされているのかもと推理しながら読むのが楽しかったです。

    人生を変えるような大きな出来事というようなことは、「記憶の小瓶」では描かれていませんが、小さな記憶の積み重ねが人を構成していくのだなということを感じることはできました。
    作品を読んで、たかどのほうこののことを知りたくなった時にお勧めの一冊です。

    掲載日:2008/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット