もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぐるぐるえほん 新装版」 みんなの声

ぐるぐるえほん 新装版 作・絵:井上 洋介
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784577036327
評価スコア 3.78
評価ランキング 30,898
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズミカルな文章が心地よい絵本なので、乳幼児にはピッタリかも知れません。
    でも、物に興味を持ち始めたら、説明するのに大変かも知れません。
    親の世代の記憶の世界。
    今は見負けない懐かしい物がいっぱいつまっています。
    本当に楽しめるのは昔の子どもたちのような気がします

    掲載日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな物がぐるぐる回ってました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    声に出して読んで楽しい絵本かも知れませんね。それよりも私は井上先生のこの、丁寧なのか雑なのかよくわからない癖になりそうな絵が好きなんですけどね。ところで床屋さんのぐるぐるって3色ですよね?この本では2色です。2色の地域もあるのかな?

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐるぐる好きなのに・・・

    うちの息子はほんとに小さい時からぐるぐるまわるものが大好きで、もうこの本しかないでしょ!!と思い購入したのですが・・・いまいちでした。私が読んでて疲れちゃうのが伝わってくるのでしょうか??
    一度図書館で借りてからの購入がお勧めです。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなぐるぐるがいっぱい

    いろんなぐるぐるがいっぱいです。ぐるぐるっていっぱいあるんだって感心してしまいました。真剣にぐるぐるを見ていたらちょっと目が廻ってしまいそうです。単純ですがそんな錯覚に陥ります。レコードのぐるぐるがとても懐かしかったです。レコード盤も処理してしまったのがなんだか惜しくなりました。「ぐるぐる廻る レコードは廻る 綺麗な音楽 聞こえて不思議」思わず目を瞑ってしまいました。蚊取り線香、朝顔の季節だなあって思いました。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盛りだくさん!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    井上洋介さんの絵本が少し前から気になって仕方ありません
    何かを訴えるわけでもないのですが
    じわじわと楽しくて仕方ないといった感じです。

    身近にあるぐるぐるのものが次々に登場するのですが
    とにかく盛りだくさんです
    最近の絵本は数ページでおしまいのものが多い中
    これでもか!これでもか!とぐるぐるぐるぐるするので
    やっぱり虜です。
    息子は床屋のぐるぐるがお気に入りで、
    床屋の前で研究しています

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなぐるぐる見てみよう!

    井上さんの描かれる絵本の世界はナンセンスなんだけど
    ちょっぴりシュールな気がするのは私だけでしょうか?
    いろいろとぐるぐる回るものがどんどん出てくるので
    共感したり「??」だったり忙しいみたいで
    コマの場面が出てくれば自分が回したコマのことを延々と喋り
    自分が知らないレコード盤のぐるぐるを見ると「これはなんだ??」としきりに聞いてきたりして見ていて面白かったです。
    そっか、子どもはCDしか知らないんだ・・・と改めて世代の違いに気づいたりして^^;
    娘は自転車の車輪のページが面白かったみたいで笑い転げていました。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な感覚の本

    ぐるぐるしている物ってこんなにたくさんあるのだなと思いました。
    読んでいると、「ぐるぐる」という語感が心地良く響きました。

    時々、目を回しそうな感覚にもなり、不思議な感覚の本だと思いました。でも、何だか楽しかったです。おもしろ系の好きな息子も集中して見ていました。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が回る〜

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    この本にはグルグルまわるものが一杯登場します。
    身近には、こんなのもグルグルするものがあったんだ〜
    なんて感心してしまいました。

    でも注意です。
    この本読みながら目が回ってしまいます。
    特に絵がグルグルしているわけではありませんが、
    なんだか目も体もグルグルします。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット