モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

だじゃれたっぷり宇宙大作戦」 みんなの声

だじゃれたっぷり宇宙大作戦 作:内田 麟太郎
絵:工藤 ノリコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784333023394
評価スコア 3.2
評価ランキング 36,841
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉遊びの真骨頂

    言語発達が一般より遅い我が子が、最近、ダジャレに興味を持ち、良く使っています。
    そんな息子に、読みごたえと物語力が十分高いこの本を贈ろうと思い、購入しました。
    息子に渡す前に読みましたが、大人もはまるくらいのダジャレのオンパレード。
    もう、読んでも読んでもダジャレなので、読み終わった後、ダジャレじゃないのに同じ言葉が重なっているとダジャレかも・・・。と、あらぬ勘繰りをしてしまう程。
    ダジャレとはい、結構レベルが高いので。子供に言葉の楽しさを教えるには十分な作品だと思います。
    また、物語もとても面白い内容なので、普通の読み物としてもお勧めです。
    読み聞かせなどに使うと、ダジャレ探しゲームとかが出来て、楽しさが倍増すると思います。

    掲載日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと経験を積んでから再チャレンジ

    私(大人)が読みたくて、図書館から借りてきました。

    内田麟太郎さんと工藤ノリコさんのコラボだったので是非読みたい!
    と思って借りてきたのですが・・・。

    正直、ちょっとダジャレがくどすぎて、
    なんだかお話がわからなくなってきて楽しめませんでした。
    最初の5ページくらいは楽しんだのですが、
    残念。

    しかし《作者・内田麟太郎さんからのメッセージ》にはなるほど。
    ダジャレって、【言葉の貯金】が必要なんですね!
    そしてそれを使いこなす才能も!

    長女にも一応勧めてみようかと思いましたが、
    私でも理解しきれなかったので、今回はやめました。
    もっと経験を積んでから再チャレンジしてみようと思います。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにダジャレ一辺倒

    ダジャレが好きな息子が、タイトルを見て図書館で借りてきた本です。

    まるで「じゅげむ」のようにながーーーい本名を持つ通称ダリ博士。
    いいかげんででたらめで貧乏な発明家。でも人は悪くない。
    ある日、宇宙からすごいニュースが飛び込んできます。
    独裁者の大統領の無理難題に答えられるのは、ダリ博士なのか!?

    徹頭徹尾、ダジャレで埋め尽くされている感があるこのお話。
    登場人物が全員、普通にセリフを言わずにダジャレ(というのかなんというのか)をからめるんですよね。
    なので、せっかくのストーリーがちょっとわかりにくくなっている部分も否めないなぁ、と正直思いました。

    息子は、あんまりよく理解できなかったダジャレの部分はスルーして、自分に理解できるところだけ面白がって読んでいたので、それはそれで楽しめたのかな?

    オチは意表をつかれました。
    絶対無理と思われた使命を達成した宇宙飛行士の正体・・・
    そうきたか!!

    挿絵の工藤ノリコさんの絵がとても楽しいです。
    お話にもぴったりハマッていました。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白かったのは博士の名前

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    我が家の子どもたちはだじゃれが大好きなので、さぞ喜ぶだ同とワクワクしながら読みました。けど、読んでみたらがっかり。
    「内田麟太郎さんの本だから、間違いなく面白い!」って、思い込みが激しかったせいもあるかもしれません。

    出だしは最高でした。
    ダンマリ・ムッツリ・カンムリ・シャムニ・ニコライ・ヘナチョコビッチ・スケザエモン・ドンブリ・ブリブリ・キキ・ドド・ダリ。
    こんな名前の博士がいたら、それだけで子どもたちはこの呪文のようなへんてこりんな名前を覚えたくなるでしょう。
    でも、内容がいただけませんでした。なんか、だじゃれと物語の内容がすれ違っていrたという印象が強かったです。
    もっとストーリーのない話か、もしくは物語に当たり障りない程度のだじゃれで済ましてほしかったなぁ、と感じました。
    うちの子どもたちの反応も今イチでした。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ピヨピヨ スーパーマーケット

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット