ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

狂言えほん そらうで」 みんなの声

狂言えほん そらうで 作:もとした いづみ
絵:たごもりのりこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784061323797
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そらうで  タイトルだけではわかりにくいのですが・・・・
    空腕  空威張りのことかな

    いつも強がりばかり言ってる太郎  本当は臆病者なのですが・・・
    主人に夜に魚を買って来るように言われて こわごわ 出かける太郎
    主人から刀を借りて
    夜道での怖がりようは 狂言で大げさに振る舞ったら おもしろそう

    絵本で狂言に親しんでもらおうと言う  絵本
    なかなかおもしろいのです
      
    最後の 太郎のいいわけにも 狂言のおもしろさがあるのかな

    人間の心の中にある ええかっこしいなところ  それを 狂言で楽しむのですね
    古典芸能の伝統を引き継いでほしいです

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにはちょっと…

    伝統芸能、狂言の演目のひとつである『空腕』。

    本当は臆病者なのに、いつも腕自慢をしている たろう。
    主人に真実を見抜かれても、嘘を貫き通します。

    臆病者の姿と、くち八丁なところの落差が面白いというお話ですが、嘘を貫き通し、主人をも閉口させてしまうという結末はいかがなものかと…。

    大人は、たろうの滑稽さを笑うことができますが、子どもだと“無理が通れば道理が引っ込む”と解釈しかねないなと思いました。

    娘は、「うそつき!」と怒っていました。
    子どもには、すこし難しいかなって思います。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口がうまい!!

    このお話は、口はうまいが勇気が全くない子供のたろうが主人公のお話でした。主人の前で次から次へと出てくる作り話がとってもカッコいいお話にしあがっていて、そのお話を聞いたうちの子は、「うそつきや〜ん!」って言いながら笑っていました。

    掲載日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「人間の見栄」をシニカルな笑い話に

     狂言の世界は、お話が本当に楽しい。
     絵本の形で幼い頃から、目にすることのできる今の子供たちは恵まれていると思います。
     さて、こちらのお話はいつも強いことを自慢にしている家来の太郎冠者に主人が、夕方に用を言いつけます。
     口先だけの武勇伝語りの太郎冠者には、気の進まぬ御遣いですが、しぶしぶと出かけます。
     案の定、腰が引けた臆病ぶりが描かれているページで、爆笑です。
     主人から借りた刀まで、奪われます。

     それにしても、主人の人の悪さにも苦笑いのこぼれるお話です。
     うそはいけません。うそは。
     自分を大きく見せようとする「人間の見栄」をシニカルな笑い話にした作品です。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がりようが並じゃない

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    いつも人前では腕自慢をしているたろうは、実は極度の怖がり。
    一人のときと、人前でいるときの態度が全く違うところが面白いです。

    このたろうの怖がりよう。並ではありません。
    うちの愛犬も風に舞う落ち葉に逃げ出すくらいの怖がりやですが、たろうはそれをはるかに越えていましたね。笑
    中でも、背中をおうぎで叩かれたあとの反応には笑ってしまいます。

    自分のそらうでがばれてしまったあとも、すぐ気を取り直してさらにそらうでを重ねるたろう。
    私もたろうの主人と同じ気持ちになりました。
    「ベストオブそらうでくん」ですね。笑

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の気質

    いつも強がっているたろう。主人にお使いに出されます。

    息子にとっては、たろうのつく大ぼらがとてもおもしろかったようです。

    子どもには「そらうで」という題名の意味が、伝わらなかったようですが、それでも楽しんでいました。

    狂言なので誇張された感はありますが、こりない人というのはどこまでもこりないのだろうなと思うと、人間の気質というのは、あまり変わらないものなのかなと思いました。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子みたいです^^;

    狂言絵本シリーズ、1年生の息子にはまだ難しいかなあ〜とも思ったのですが、絵本だし、息子の好きなたごもりさんの挿絵ということでチョイスしてみました♪

    このお話、嘘の腕自慢なのですが、その言い訳の仕方が息子そっくり^^;
    本人は嘘がばれていないと思い大まじめに嘘をつく。
    息子のもたいてい自慢話〜。
    可愛い自慢だしまあいっかあ〜と親バカで聞いていますが、そんな息子のようなお話に笑ってしまいました。
    男の子ってこういう虚勢をはってしまうものかもしれませんね!

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呆れるけど憎めません。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    古典芸能の狂言を題材にした絵本。
    嘘の腕自慢『そらうで』を自慢する従者・太郎の滑稽なお話です。

    4歳からと薦められているとおり、園児からでも読んであげられると思いますが、小学生になってからの方が、より理解して楽しんで聞いてくれるかな?

    本当は怖いのに、見栄を張って嘘をつく様は、読んでいて「あ〜あ、どうしようもない奴だなあ」とあきれる反面、子供たちがよくする「しったかぶり」などにも似て、憎めません。

    狂言絵本も、どんどんいろんな作品が出版されてとても嬉しいです。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太郎冠者の気持ち…男の子にはわかるかも。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    狂言絵本です。
    太郎冠者は 自分の腕っ節をいつも自慢しているのですが
    それはもうまるっきりの空言なのです。

    こんな子 今の時代にもいますよね(笑)
    強がりばかりを言ってしまう子。
    たいてい 何かの拍子にそれは違うとばれてしまって
    ばつが悪い感じになってしまうものですが。
    このお話はちょうどそんな展開です。
    よくあることが題材になっているだけに
    共感しやすいし 笑いを誘うと思います。
    息子も読んでいましたが「面白かった〜」と言っていました。
    それだけ?と思いましたが それよりも…
    「うそつきの話だ」
    そんなことを言うかな、なんて
    ちょっと期待したりもしていたのですが
    そうは言いませんでした。
    男の子ですから
    虚勢を張る太郎冠者の気持ちがわかったのかもしれません(笑)

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット