ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

クリスマスれっしゃ」 みんなの声

クリスマスれっしゃ 作・絵:イヴァン・ガンチェフ
訳:佐々木元
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1984年
評価スコア 4
評価ランキング 20,764
みんなの声 総数 2
「クリスマスれっしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 6歳、自分で読んで感動した絵本

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     幼稚園児でも一人で読めた絵本です。マリーナのお父さんは線路を守る見張り番です。お父さんのいない間に、トンネルの入り口で大きな岩が崩れてしまいます。まもなく、急行列車が通過する時刻…マリーナは列車の運転手に知らせるために、機転を働かせます。
     はらはらドキドキ、そして心温まる素敵なお話で、クリスマスに合う絵本だと思います。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一味違うクリスマス絵本です

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    トンネルの側の見張り小屋にマリーナという女の子が住んでいます。お父さんは線路を守る見張り番なので、クリスマス・イブの日も雪の中を見回りに出かけました。そのあと突然、がけ崩れが起こり岩が線路をふさぎます。マリーナはもうすぐやって来る急行列車に、このことを伝えるために走り出しました。
    マリーナが走り出すと、読み手も聞き手もハラハラします。大切なクリスマスツリーを燃やし、列車を無事に止めたマリーナ。一味ちがったクリスマスのお話しです。

    掲載日:2002/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット