すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

クリスマスの12にち」 みんなの声

クリスマスの12にち 作・絵:ブライアン・ワイルドスミス
訳:石坂 浩二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,460+税
発行日:1997年10月
ISBN:9784062619745
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,610
みんなの声 総数 3
「クリスマスの12にち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 12日目にはお片付け

    とてもイギリスらしい、数え歌が、可愛らしく邦訳されています。
    訳者は石坂浩二さん、懐かしいです。
    絵が、構図も色彩も、とてもきれいです。
    クリスマス前のアドヴェントは色々ありますが、
    これはクリスマスの後の12日の数え歌で、12日目には
    クリスマスツリーもお片付けと言うことのようですね。

    掲載日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  •  雛飾りは3月3日の雛祭りが終われば、早くしまった方がいいといいます。
     遅くなると、娘の婚期が遅くなると。
     今でもそんなことをいうのかしらん。
     ヨーロッパではクリスマスツリーは12月25日から12日めにしまうのが古くからの習慣だとか。
     この絵本で初めて知りました。
     東方の三博士が生まれたばかりのキリストに贈り物を贈ったのが12日めだといわれているからだそうです。
     でも、12月25日から12日も経つと、お正月になっています。
     もしかして、お年玉だったのでは。
     それは冗談で、聖書には、乳香、没薬、黄金を贈り物として捧げたとあるそうです。

     この絵本は昔の子供たちがその12日のことを歌った歌が題材になっています。
     ブライアン・ワイルドスミスさんが詩と絵を書き、俳優の石坂浩二さんが翻訳をしています。
     ブライアン・ワイルドスミスさんは日本でも人気のある、英国の絵本作家です。
     静岡県伊東市に美術館もあるくらいです。
     彼は色彩の魔術師と呼ばれるくらいで、この絵本でもそれはよくわかります。

     赤、青、緑、黄、多彩な色がクリスマスが終わってからの12日を彩ってくれます。
     こういう絵本を読むと、物語がどうとかいうことでなく、純粋に絵を楽しむことができます。
     絵に興味のある子どもでしたら、自然とクレヨンを手にするような気がします。
     ブライアンの色使いを見ていると、色彩は自由なんだと思います。
     自由だけれど、やはりどこかにルールがある。
     規定と自由。
     そういうことすら、この絵本の絵は教えてくれます。

     それと、詩。
     最初には「いちわの うずらは なしの木に」とあります。
     それが二日目には、「にわの きじばと なかよしさん/いちわの うずらは なしの木に」と繰り返されます。
     三日目は「さんわの にわとり フランス国旗/にわの きじばと なかよしさん/いちわの うずらは なしの木に」と積み上がっていきます。
     それが、12日まで続きます。
     ですから、最後はとっても長い詩になっています。
     それがちっとも長く感じない。

     片づけることはさみしくもあります。
     でも、こうして片づけながら、実は次の年のクリスマスのことを楽しみにしている。
     そんな絵本なのです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの12にちのいわれは、知りませんでした。
    ブライアン・ワイルドスミスさんの絵が好きで、たくさん絵本をもていますが、このお話も、絵も大好きになりました。

    色鮮やかな なしの木 うずらもきれい!

    つぎは、きじばと  にわとりは、 フランス国旗になるんだ。
    おもしろいな〜

    発想が!

    指輪の絵は、芸術そのもの、 おはなしも繰り返しで 歌うと楽しいよ。

    絵本の絵を 額に入れて飾ったらステキよ!

    ブライアン・ワイルドスミス美術館に行きたくなりました!

    石坂浩二さんが館長さんとは知りませんでした。
    静岡の伊豆高原ですね。

    繰り返し くりかえし 見たい絵本です。

    皆さんも是非読んでみてください!

    日本人のクリスマスのイメージももっと豊かになると思いますよ。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット