なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

うしがそらをとぶ」 みんなの声

うしがそらをとぶ 作・絵:デーヴィッド・ミルグリム
訳:吉上 恭太
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
ISBN:9784198609320
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,531
みんなの声 総数 16
「うしがそらをとぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思い込み!!

    うしが空を飛んでいる絵を描いた男の子!
    なんとその絵がうしのもとに届いたら、うしが
    空を飛び始めたのです!!
    男の子は気づきましたが、ほかのだれも信じてくれません。
    男の子は、うしが空を飛んでいるのを、一人で楽しみます♪
    世の中であたりまえって思っていることは、ほんとは
    あたりまえじゃないのかもと思わせてくれて、わくわく
    どきどきした絵本でした♪
    思い込みをはずして、娘を育てていきたいなと思った
    絵本でした♪

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • きにしない、きにしない。

    「うしはそらをとばない。だけど、きにしない。がようしいっぱいにかいちゃお!」
    いいですよね☆!こういう発想。

    その絵をみた うし達は、「なるほど なるほど」。
    本当に空を飛んじゃいます!!
    いいですよね☆!思い込むって。

    こんなに大胆に空を飛んでいるのに、気づかないし、見ようともしない大人達に、娘は必死で「うしろ!うしろっ!!」と叫んでいました。
    絵本の中の人にそんなこと言ってもねぇ(笑)…って、これも大人の思い込み!?

    こどもの感性、スゴイです!

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    子どもの世界を絵本にしたような絵本ですね。
    イラストもとてもきれいでうしさんが楽しそうに青空を飛んでいます。
    子どもが描いたうしが空を飛ぶ絵をたまたま見てしまった牛さんが、
    飛び方を知ってしまい、みんなで飛んでしまいます。男の子が大人に話しても誰も信じてくれず、空を見ようとしません。もっと子ども目線でいいなー、と読みながら思ってしまいました。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 純粋な息子

    このタイトルを読んだ息子は、「牛は空飛ばないよね?」とすごく真面目に聞いてきました。
    「さあ、どうなんだろうね〜」と一緒に読んでみました。

    息子は、「ええ〜すごい!ぼくも絵描いてみようかな〜?」と純粋に楽しんでいました。
    絵本の世界って、何でもあってOKなんですよね。

    子供の話、ちゃんと聞ける大人でありたいと思った1冊でした!!

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供って純粋

    ウシがいっぱい飛んでいるのに、大人の人はだ〜れも信じてくれなかったところに、うちの子はとっても怒ってました!!「ちゃんと話きいてあげて〜!!」と怒ってました。そして、本を読み終えると、さっそく絵をかいて、空に飛ばそうとしてました。純粋だ〜!

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 既成概念にとらわれない楽しいお話

    ナンセンスですが、こんなことがあっても楽しいかもしれないなあと思いました。

    子どもの想像を絵にしたらこんな風なんだろうと思いました。

    「とれときどきぶた」みたいにぶたが飛ぶお話もありますしね。

    既成概念にとらわれない楽しいお話だと思いました。

    絵もかわいくて見やすくて好感が持てます。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由な発想が素晴らしい

    タイトルが気になって読んでみた1冊。

    大人の常識は非常識?
    カチンコチンの大人の考えを、見事に男の子が破ってくれます!

    それなのに、大人は誰も見てくれなくて・・・・
    結局、それを目撃したのは、男の子ひとりだけ。

    「うしが そらを とべたんだもん。きっと だれでも とべるんだよ!」

    実際にはこんなことは起きないだろうけれど、
    子供の自由な発想になんだか未来を感じ、ほほえましく思いました。
    固定観念はいけないなと思わせてくれたこの一冊に感謝!

    息子にも読み聞かせてみましたが、興味深く聞き入ってくれました。
    一人で読み直していたところをみると、ユニークな発想に
    共感していたのかな?息子も自由な発想でいろんなことを
    考えて欲しいなって思いました。

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛んでたら見たい!

    普通にはありえない話。
    うしがそらを飛ぶなんて・・・
    でもおとうさんやおかあさんにも見て欲しかったなぁ。
    私だったら見るのに。と思って読んだけど
    いやまてよきっと現実には忙しくて「ホント〜。後で見るわ」
    とでも言いそうだよなぁ。

    大人では考えられないような想像の世界を子供達から摘み取らず
    共感してあげれると良いなと思った本でした。

    子供達は「うしがとんでる〜」と喜んで見ていました。(特に下の子)

    掲載日:2007/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 別世界

    窓の向こうに別世界が広がっているのがとても素敵でした。大きな牛が空を飛んでいる姿は圧巻でした。牛が空を飛ぶ姿は今まで想像した事もなかったのでとても強烈に目に焼きつきました。気持ちよさそうに空を飛んでいる姿を見ていたら私までもとても心地よくなりました。眼鏡が印象的な先生は科学的な根拠から牛は飛ばないと言い張り現実を見ようともしない姿がとても勿体無いなと思いました。町の人も自分達の頭上を飛んでいるのにもかかわらず、見ようとしないがために勿体無いなと思いました。見ようとする気持ちさえあれば世の中はもっと楽しくなるのだという事をこの絵本によって気がつきました。

    掲載日:2007/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 否定しない!

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子12歳、女の子11歳

    うしはそらをとばない。普通はそうだ。
    子供の描く絵の中ぐらい空を飛んでもいいと読み始めはおもった。それさえも否定しまうお父さんにちょっとガッカリ。
    うしがとんでる!と男の子は教えてあげているのに、大人は誰も空を見上げてみようとはしない。愉快な景色が見えただろうに・・・

    もしも、この本みたいにうしがそらを飛ぶなら私だって絶対みたい!それには子供を頭から否定しない。そんな事ありえないって理性で思っても、子供の話にのっかってみる。もしかしたら、自分の常識を超えるものが見えたり聞けたりするかもしれないから。
    子供との接し方をみなおしてみようと思った。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット