だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おつきさん」 みんなの声

おつきさん 作・絵:安川眞慈
出版社:木耳社
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784839359546
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,102
みんなの声 総数 6
「おつきさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の頃 本当、おつきさんが自分の後からずーっとついてくるのが不思議でした。
    月は 真っ暗闇を 照らす 希望の ひかり(はじめの言葉が 心にのこります)
    毎日お月様を見ていると いろんな形に変化してます
     
    いろんな命に平等に力を注いでくれるおつきさん。(作者のおつきさんの思いが 伝わり 感動します)
    地球上のいろんな人がこのお月様を見て いろんなことを思ったり お願い事したりしているのでしょうね!
    私の父は 満月の時に亡くなりました 
    そして 常照という戒名をいただきました  だから 私はお月様を見ると父を思い出して 父が 私たちを照らしていてくれるのだと思います

    この絵本はお月様へのいろいろな思い 楽しいことがいっぱい詰まっていて おはなしも たくさんあります(月のブランコ お風呂楽しい発想ですね)

    そうそう 早朝の散歩のとき 西の空に白い満月  東からおひさまが昇ってくるのを見て感動します!
    「おつかれさま」と月が言う。
    「がんばってね」と太陽が言う。
    気持ちがよく分かりますね(作者の言葉が良いですね)

    おつきさん  いつまでも私たちを照らして 見守っていてね!

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  •  お月さまが綺麗な季節です。
     お月さまにちなんだ作品を探していて出会いました。

     とにかく文章が素敵です。
     日々形を変えるおつきさんをその時々の感性で捉え、表現なさっています。
     静かな語りかけなのですが、ずっしり心に入ってきます。
     “おつきさんは オーケストラの 指揮者みたい。ピュウーピュウー
     風がリズムとり 流れ星が あばれだします。”というページが好きです。
     お子さんとお休み前に読むも良し、一人になれる時間に楽しむも良し。

     作者の安川眞慈先生は著名な書家。
     墨彩画もたくさん手がけていらっしゃる先生です。

     この作品もそんな画風を感じます。

     秋の夜長にご一読あれ。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に最適

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    絵はもちろんきれいだけど、文章がきれいだなーという印象です。
    “おつきさま”ではなく、“おつきさん”という呼び名にも、日本人の月に対する愛着が感じられます。
    月のいろんな表情を、詩集のような、しっとりとした文章で綴られていて、本当素敵。

    「なんだか元気が出てきたぞ 走って帰ろう」
    「今日はひとにやさしくできましたか?」
    「あしたはまだかな」
    の3つの「フレーズが私は気に入りました。

    寝る前の読み聞かせにはぴったりですよ。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろあって、みんないい。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    表紙のおつきさんが、とっても可愛くて、
    思わず手にとってみました。

    月には、いろんな表情があるんだってことが、
    この絵本を読めばわかりますよ。(ウフフ)

    まんまるおつきさんも可愛いけど、
    みかづきおつきさんも素敵。
    どのページのおつきさんも、みんないい。

    幸せな気分になれます。
    元気がもらえます。

     おつきさんと
     にらめっこ。
     いろんな顔で
     はなしてくれます。

     「今日は人に
      やさしく
      できましたか」

    う〜ん・・・反省し切り。
    たまには、空を眺めて、
    おつきさんと対話するのも素敵かな〜と思いました。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい

    愛らしくてダイナミックな主人公の描き方が素敵な表紙だったのでこの絵本を選びました。月の持つ魅力を感じられる絵本でした。和紙に描かれている絵がとても情緒があって素敵だと思いました。色々な役割をする月はとても逞しくて優しくてかっこいいなと思いました。月の満ち欠けの様子を表現した言葉を自然に学べるところが良いと思いました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月のいろいろな表情

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    お月さまのいろいろな表情を楽しむことができる絵本です。
    ストーリー性はないのですが、それぞれのページに出てくるお月さまがそれぞれ個性的で、お月さま好きな娘はもちろん夢中です。

    人それぞれ月に対するイメージは違うと思いますが、この絵本の作者である安川さんの発想には感心しました。
    月をお風呂にしたり、ブランコにしたり、恋のキューピッドにしたり。
    なかでも、雲をベッドにして寝ている月の姿はとても気に入りました。

    散歩中、雲に隠れて月が見えなくなりぐずりだす娘。
    そんなときに「お月さま、雲のお布団かけてネンネしているんだよ」と話してみました。
    すると、「まー(おつきさま) ふとん ねんね」と口に人差し指を当て、ささやくように娘がおしゃべりしました。
    だれかが寝ているときは小さな声で話をするように言ったのを覚えていたんですね。
    お月さまを起こしちゃいけないと気を遣った娘の優しさに微笑んでしまいました。

    掲載日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット