ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「二ちょうめのおばけやしき」 みんなの声

二ちょうめのおばけやしき 作:木暮 正夫
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「二ちょうめのおばけやしき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オバケにあってみたい!

    ちょっとしたことでお母さんと喧嘩になり、
    家出をしたタツヤ。「家出してやる〜」とお母さんに言っても
    お父さんに言っても本気にとってもらえずに
    「いってらっしゃ〜い」なんて手を振られたり・・・
    そんなタツヤですが駅前の広場で,タイトルだけの
    “おばけしんぶん”をひろっいました。
    その新聞の発行所であるおばけやしきの探検に行くのですが・・・

    この本は、息子が小学校の図書館から借りてきた1冊ですが
    子どもたちって「オバケ」と書かれたタイトルに弱いですね〜
    タイトルから気になって借りてきたようです。
    お話しを読んでて、タツヤが家出をしたことに
    「すっげ〜!でも、一人で恐くないのかな?」と心配してましたが
    家出先のおばけやしきの出来事は、大人の前では姿を現してくれない
    オバケ達に出会えたタツヤをうらやましがったり、
    タツヤにとって思いがけない再会には「良かったね〜」と
    言ったりして、こわ〜い存在であるオバケといわれがちですが
    案外優しいのかも?と、ちょっとだけ
    (ホントにちょっとだけのようですが)
    オバケにあってみたいな〜って思ったようです。
    (きっと会ったら逃げ出すでしょうが・・・ (^◇^))
    おばけやしきに家出(ホントはしちゃいけませんよ〜)
    子供にとってはちょっとした冒険というのかな?
    そう言うところが、まだまだ小さな息子には実行できない
    ところを、怖がるどころか、まあ、半分やけくそですが
    やってのけたタツヤがかっこいいお兄ちゃん。に感じられたようです。
    親である私は、家出が気になりましたが、
    タツヤのご両親も木村さんもちゃんとフォローしてるし
    子供の気持ちを尊重してあげた。と言うことで良しとしました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット