くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

「1年ぼうずもらくじゃない」 みんなの声

1年ぼうずもらくじゃない 作:クリスティーネ・ネストリンガー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「1年ぼうずもらくじゃない」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 共感できたみたい

    息子が一年生になったので、一年生と題名にあると、つい読みたくなってしまいます。

    オーストリアの作家・ネストリンガーの作品で、金髪のフランツシリーズというのがあり、この作品は3作目です。

    金髪のフランツは、かわいい顔をしているのでね女の子によく間違えられます。

    先に、同じ作者の「のっぽのミニシリーズ」を読んだのですが、オーストラリアは学区制ではないらしく、自分で行く小学校を決めるみたいです。

    お国柄は違っても、子どもがコンプレックスを抱いたり、悩みを持ったりするのは、共通。2つのお話が収録されていて、長かったのですが、子どもが全部読んでほしいというので結局最後まで読んでしまいました。

    絵本や児童書に出てくる大人は、あまり頼りにならないということが多いのですが、このお話に出てくる大人は、子どもの話を真剣に聞いてくれる点がいいなと思いました。

    フランツの1つの悩みは、担任の先生が乱暴な口をきくこと、2つめの悩みはクラスにいじめっ子がいること。

    幼稚園時代には幼稚園での、小学校時代には小学校で起こる悩みがあるものだと思いますが、子ども目線で描かれたお話で、息子は共感できたみたいです。シリーズの他の作品も読んでみたいです。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆


祝・40周年記念!長年愛される定番 くもん幼児ドリル 編集者インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット