雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

まじょまじょせんせいやってきた!」 みんなの声

まじょまじょせんせいやってきた! 作:鶴岡千代子
絵:長谷川 知子
出版社:カワイ出版
本体価格:\1,359+税
発行日:1993年05月
ISBN:9784760945139
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,957
みんなの声 総数 3
「まじょまじょせんせいやってきた!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 変わった先生

    このお話の中に出てきた幼稚園の先生は、魔女でした。太ったのでほうきに乗れなくなって、その間幼稚園の先生として働くというお話でした。先生が繰り出すいろいろな魔法!?が子供たちを虜にしていました。うちの子も「こんな先生だったら面白そう〜。」って言っていました。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌も楽しい

    • よもさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    四歳と二歳の娘が大好きです。
    こんな先生がいたら幼稚園がすごく楽しいだろうなあと思います。
    最後に歌の楽譜がついているのですが、
    「弾いて〜」と持ってきます。
    「まじょまじょやってきた〜♪」がすごく楽しいみたい。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園の先生!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    図書館でハロウィンにちなんで魔女の絵本が紹介されていた中で、面白そうなので借りてきました
    ある日ユタカの幼稚園に、本当は魔女だという新しいルミ先生がやってきました
    ふとってほうきに乗れないから、お空へ帰れるまでという理由をつけて・・・
    ねんどが上手で昆虫や、恐竜まで作ってしまいます
    幼稚園の子どもたちにとって、何でも出来ちゃう先生は魔女に思えるかもしれないと、お話を読みながら思いました
    イラストの中にうさぎのような生き物がルミ先生の近くに必ずいるのを見つけると、本当の魔女かな?と感じてしまいます
    そして「魔女の国へかえるから」と幼稚園をやめる先生・・・
    やっぱり本当の魔女だったのかな・・?と読み手もすっかりお話の国に入ってしまいますよ
    「作者の作ったムフムフのうた」というのが最終ページにあるので歌ってみると良いかも♪

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / いいから いいから / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



気持ち悪いけどかわいい?!ハロウィン版『石のスープ』

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット