なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ひとりぼっちのアヒル」 みんなの声

ひとりぼっちのアヒル 作:きむら ゆういち
絵:くろだ せいたろう
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784494025381
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,013
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お友達ができたのに・・・

    4歳0ヶ月の息子に読んでやりました。空を飛べないことがコンプレックスのアヒルは孤立していきますが、それを助けてくれたのがカモ。とても気さくでざっくばらんな性格がよかったのでしょう。次第にカモにあえるのが楽しみなアヒルでしたが、なかなかカモが帰ってこないことに不安を募らせ、ついに見つけたもののもう行き絶え絶え・・・。息子となくなってしまったんだね、としんみりしていました。具体的になくなったというような表現は一切ありませんが、それをうかがわせるものはあり、なんとなくブルーになる展開ですよ。でも、それが嫌味ではなく、すんなりと受け止められるので子供でも理解できると思います。友達とは、本当の宝とは、などを考えるきっかけになるとてもいい絵本だと思いました。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達

    お友達になってくれる人がいることは、本当に幸せなことだと思いました。アヒルのように誰だって自分の嫌いな部分はもっていると思いますが、反面だれだって長所だって持っています。ちょっと、自分の良いところを認めるように考えるように前向きに生きれたらいいと思いました。どんどん自分の中に閉じこもっていく時もあると思いますが、自分を生んでくれたかあさんのことを考えれば少しは、気持ちがチェンジすると思う私です。親にとっては我が子が一番可愛いのですからそのことだけは覚えておいてほしいとアヒルに言ってあげたいと思いました。
    一緒にいたいと思えるお友達に出会えて本当によかったです。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかった

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子11歳、男の子4歳

    いつも1人でいるアヒルくんにお友達ができたお話。
    ストーリー・絵、とってもよかったです。
    いつも何気なくいる友達の大切さがわかる絵本だと思いました。
    4歳の息子には少し難しい内容だと思いますが、もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。
    とっても、心が温かくなる絵本でよかったです。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情物語みたいでした

    6歳の娘と読みました。きむらゆういちさんの絵本ということで楽しみに読んだのですが期待が大きかったのでこのような厳しい評価になりました。ただ好みが分かれるお話ではないでしょうか?素敵なストーリーではありましたが幼稚園児にはまだ難しいです。友情というよりも愛情物語のような感じがしました。大人向きかな?

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の空を飛んでいます

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    自己嫌悪で引きこもっていたアヒルは、陽気なカモと出会って打ち解けていきます。
    ところが、カモは大怪我で動けなくなって・・・。
    孤独なアヒルと陽気なカモの心の交流が素敵です。
    一種の恋愛物語ともいえますが、実に純粋な友情に癒されます。
    『風切る翼』と同じコンビの作品ですので、その心理描写が鋭いです。
    絵も独特でインパクトがあります。
    案外思春期の子ども達にもいいかも、と思いました。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね!

    飛べない羽をもって、足は短く、おまぬけな顔・・・
    あひるは水に映った自分の姿にうんざり。
    そんなアヒルですので、お友達もいません。
    前に友達になったトリが1羽いましたが、
    「飛べないくせに・・・」と言われてからは、あひるは心を
    閉ざしてしまいました。

    そんなときにあひるにはすてきな出会いがありました!
    同じ境遇だからこそ、分かり合えることがある。
    お互いの存在を必要としていることが気づいたアヒル。
    くら〜いカラーの場面から一気に明るい色遣いを使ってるところからも
    あひるの心が明るきなったことをわかります。

    人間社会にも似たようなお話しに、悲しくなったり
    明るい気持ちになったりと、いつまでもアヒルが幸せであるように
    願わずにいられないお話しに、ほろりとしました。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット