あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

まつぼっくりのぼうけん」 みんなの声

まつぼっくりのぼうけん 作:ブリギッテ・シジャンスキー
絵:バーナデット・ワッツ
訳:松岡 享子
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784916016836
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,783
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生

    まつぼっくりの5通りの人生を画いているようでした。

    同じ場所に立った5つのまつぼっくりが夫々の居場所をみつけて、そこ

    に居つき、最後まで旅を川と一緒にしたまつぼっくりは、大冒険の旅を

    たっぷり楽しんだのだから、たとえ短い命であろうとも後悔しないと思

    いました。旅路の途中で自分の居場所を見つけたまつぼっくりだって、

    自分で選んだんだからきっと後悔はしないと思いました。自分の人生に

    色々と迷うことがあると思いますが、まつぼっくりのように自分でその

    時その時の判断をしていきたいと思いました。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • まつぼっくり 日本の松ぼっくりとは少し違ったまつぼっくりですね

    パーナデット・ワッツさんの絵は自然の美しさが生き生きと描かれていて うっとり見てしまいます。

    高い山の上からおひさまが輝いているのも おひさまの恵みを感じますし五つのまつぼっくりが 川におちて流されていくなかで、それぞれ自分の気に入った場所を探して そこに根付いて生きていくのが すごく生命力のあると思えました
    滝から落ちるまつぼっくりたちの描き方が ドラマチィクで 空の雲間からおひさまが顔をのぞかせているそこを飛び交う鳥たちなどすごく繊細に描かれていて 絵の好きな人にお薦めの絵本ですね!
    海までながれていった一つのまつぼっくりは浜辺で 芽を出したのですね
    作者は 「もうだれも、あの小さなまつぼっくりをみることができません

    それとも・・・・・? みることのできるひとがいるでしょうか。」
    と結んでいます  この余韻がなかなか 粋だな〜と思いました
    詩的なお話にピッタリの絵でした!

    おまけかな?裏表紙の海のくじらが塩を吹いている絵もステキデス!

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人生の旅

     まつぼっくりの冒険は、まさに人生の旅とも言えますね。
    このお話を読みながら、ドナウ川に沿って旅をした、夫の故郷までの風景がそのまま甦ってきました。最初は、このお話の川のように、ドイツの森の中を細く流れるドナウ川も、夫の祖国に着く頃には、川幅2キロ以上もある大河となり、やがて黒海へと注がれていきます。

     林を抜け、谷間の村を潤し、にぎやかな都会の中心を流れ、たくさんの危険や出会いをまつぼっくりに与えながら、ただひたすらに流れ続ける川。その中で、まつぼっくりは、この大冒険をたっぷり楽しみました。
    そして、長い旅の終わりに待っていたのは・・・。

     大人が静かに楽しめる絵本かもしれませんね。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 壮大な物語

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもたちは、まつぼっくりとかどんぐりが好きです。
    その身近なまつぼっくりのが、壮大な冒険をするのでひきつけられます。

    絵がとてもきれいで、自然の美しさが子どもたちの心にも響くでしょう。
    まつぼっくりがどんな旅をして、その後どうなるのか、子どもたちはこの事実に驚くかもしれません。
    この絵本を読んだ後は、まつぼっくりを違った見方ができそうです。
    どんな年代でも楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 驚きと感動

    バーナデット・ワッツの絵が好きなので、絵本があるとつい手にとりたくなります。

    繊細で美しく味わいのある絵に癒されます。

    木から落ちた五個のまつぼっくりのお話。

    まつぼっくりがどうなったかについて、絵をよく見ているとよくわかるのですが、最後を見届けたのは息子ではなく私でした。

    場面ごとの情景がとても美しく、特に月夜の絵が好きです。

    人知れず落ちているまつぼっくりにもこんなドラマがあるということに、驚きと感動がありました。秋の実りの絵本としてもお勧めです。

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然のすごさ

    5つのまつっぼくりの旅を描いている絵本。
    絵巻えほんの「かわ」やエリックカール作の「ちいさいタネ」にも似ているようなお話でしょうか。
    高い山の岩から湧き出ている水から川が始まり、そして……

    自然のすご&尊さを感じるお話です。
    挿絵も美しい!!といった感じです。

    5つのまつぼっくりがどこにあるのか、絵探しのように楽しめる部分もあります。

    そして最後の問い。
    1年生の息子は、もちろんわかり、にっこりでした♪
    命はこうやって再生されていくんだなあというのを感じる絵本でした。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然の美しさと、そこから感じるものは?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    高い山から、川を通じて、海への大冒険。

    自然の状況として、勉強で教えられて知っていることではありますが、静かに時が流れる感じ。

    グラデーションがきれいな、やさしい色使いで描かれた世界に魅せられます。よく見るといろいろな植物、動物、人間が描かれています。

    5つのまつぼっくりがそれぞれの居場所を決めるのもおもしろいように思います。「根をおろしたい」・・・ものすごく、意味が深いのでは?

    身近な「まつぼっくり」といっしょに冒険を楽しんでみてください。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何年か経って

    • さやかさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    高い山の岩からしみだした水が、やがて海にながれいく様子が

    5つのまつぼっくりを通して描かれています。

    まつぼっくりが1つずつ自分の居場所をみつけていく様子は

    大人の私には考えさせられるものがありました。

    8歳の次女にとっては、少し難しかったようですが、

    また何年か経ってこの絵本を手にしたときに、どんなことを

    感じるのか聞いてみたいです。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • まつぼっくりの大旅行

    壮大な大自然の中で、何とちっぽけなまつぼっくりの大旅行でしょうか。
    主役であるまつぼっくりは、小さくて目を凝らさないと姿が分かりません。
    川に落ちた五つのまつぼっくりは、そんな心細い存在ですが、自分たちの目的地を探すという力強い存在でもあります。
    自然と自分たちの対比が、大きな挑戦のようで、感動的です。
    流れ流れてそれぞれの居場所を見つけたまつぼっくりたち。
    やはり目を凝らすと、まつぼっくりたちのそれからの人生が始まっていました。
    読み聞かせだと、肝心な部分がわかりづらいですね。

    掲載日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松ぼっくりの長い旅

    このお話は、5個の松ぼっくりが長い長い旅に出るお話でした。最初は山の上の滝から出発して、その途中でみんな思い思いの好きなところで別れていきました。最後に一個は海まで旅をしていました。そのたびの様子がホンワカしていて、なんか優しい気持ちになれました。

    掲載日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット