うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

のっぽのミニはどきどき1年生」 みんなの声

のっぽのミニはどきどき1年生 作:クリスティーネ・ネストリンガー
訳:川西 芙沙
出版社:くもん出版
本体価格:\971+税
発行日:1994年07月
ISBN:9784875768647
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「のっぽのミニはどきどき1年生」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなドキドキ

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳、

    6歳の長男が読めそうな本を探していたところ、同じ著者の「金ぱつフランツ」のシリーズが面白かったので、こちらの女の子シリーズも読んでみました。

    金ぱつフランツがチビな男の子の話なら、こちらはのっぽの女の子。小学校に入学する前後の不安な様子をうまく捉えています。小学校入学に関する制度や習慣は各国で違えども、子供の不安は同じなので、興味深く読めるのではないかと思います。

    長男ものっぽでよく小学生と間違われるので、ミニに感情移入できそうな気がします。勧めてみたいです。

    掲載日:2015/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生のドキドキ感

    子どもの頃に「きゅうりの王様」という作品を読んだネストリンガーの作品です。

    オーストリアの作家で、私が子ども時代には、他の作品を読むことができなかったのですが、図書館でたくさんの作品が出ているのを見て、読んでみたくなりました。

    息子がちょうど1年生になったばかりで、題名に「1年生」とついていたのも選んだきっかけです。
    息子も、入学式や担任の先生との初めての出会いなど、経験してきたことがあって、楽しかったようでした。


    ミニは、痩せていてのっぽ。だから幼稚園時代から、背の高いことを指摘されたり、からかわれたりしています。

    小学校に行くのも背のことでちょっと憂鬱なのです。

    オーストリアの小学校は、学区制でないらしく、子どもの希望で選べるところに、お国の違いを感じました。

    入学式に、お菓子を詰めた筒を持っていく点も、文化の違いを感じて驚きました。

    自分の容姿のことでコンプレックスを感じたり、まだ見ぬ小学校に不安になったりする感情は、子どもに共通するもので、子どもが共感できる点が何箇所も感じられました。

    この作品は、のっぽのミニシリーズとして、シリーズ化されているらしく、続きのお話を読んでいきたいと思います。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット