ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ハロウィンのランプ」 みんなの声

ハロウィンのランプ 作・絵:小林 ゆき子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784265069989
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,938
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おばけのハロウィーンパーティー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    幼稚園のおはなし会用にセレクト。
    少し長いお話かな、とも思ったのですが、
    最近はハロウィンディスプレイもよく見かけるようになりましたし、
    せっかくなので読んでみましたが、意外にみんな集中して聞き入ってくれて
    良かったです。
    ハロウィンの日、かぼちゃのランプを作ったジーナですが、
    仲良しのサリーのランプの出来栄えが褒められているのが納得できません。
    おまけにやっと作り直したランプを持って「トリック オア トリート!」と
    家々を回っても、お菓子配りはもう終了した後。
    意気消沈のジーナはひょんなことでお化けのパーティーへ。
    ここからはおどろおどろしいお化けのパーティが続きます。
    ところが人間であることがばれて・・・。
    日本の作家による作品なので、いい意味でわかりやすいハロウィン紹介本となっています。
    ジーナとサリーの友情もちゃんと描かれていて、好感が持てました。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハッピーハロウィ〜ン☆

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    何年か前、我が家の校区でもハロウィンイベントがあったそうです。
    夜に仮装してパレードして、おかしをもらいに回る…。
    娘も一緒に回れそうな年齢になるのを楽しみにしていたら、夜のイベントは
    とても大変だったそうで、その時限りでなくなってしまいました。
    本当に残念!

    この絵本の町には、素敵なハロウィンがやってきます。
    学校ではランプ作り。
    一番こわいランプを作ろうと意地になったジーナは、おかしをもらうのにも、
    出遅れてしまいます。
    そんな時に出会った魔女の格好の女の子といっしょに行ったパーティーは、
    なんと本物のおばけのパーティー!!

    オレンジ色をベースにした、とても明るい絵で、楽しいハロウィン気分が
    盛り上がります。
    おかしをもらいに回る、家々の飾り付けがすごくかわいいの!

    この絵本を読んでいたら、娘が「こっちも、こんな風に回れたらいいのに!」
    と本当に残念そうな声を出していました。
    ほんと、こんな素敵なハロウィンパーティー、やってみたい♪

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 秋に読みたい。

    小林さんの作品は初めて読みましたが、外国が舞台のお話にぴったりの、可愛くて素敵な絵を描く作家さんだなあって思いました。

    とくに好きなのは、町のハロウィンのパーティー会場。あとは、ハロウィン仕様の住宅街かな。


    物語は、主人公ジーナたちがクラスでかぶちゃのランプを作るところから始まります。  日本でも結構見かけるこのランプ、おばけたちを追い払うためのアイテムとは初めて知りました。


    偶然出会った女の子と一緒に、ハロウィンパーティーに行くジーナ。  でもそこは、本物のおばけたちが集まるパーティーだったからさあ大変!おばけたちのことを怖がりながらも、何とか仲良くなってきた・・・と思った矢先に!?


    2年生の怖がり息子は、先の展開を予想して「次、読まないで!!とばして!!!」 と(^^;)  結局そこはイラストだけ見て。文章は読みませんでした。


    最後は、ハロウィンの代表的な遊びが描かれており、あとがきで小林さんが解説してくれています。
    子どもたちへ読むときは、ぜひ小林さんのあとがきと一緒に、こんな遊びもあるんだね♪と紹介したいと思います。



    絵本の中には私なりにハロウィンを楽しむアイデアをたくさんつめこみました


    そう書かれている小林さん。

    町のハロウィンパーティーの賑やかな雰囲気も、どっさりのお菓子も、可愛くハロウィン仕様にデコレーションされた家も、そして怖いおばけたちも、確かに読んでいて楽しかったですよ〜^^


    低学年の子たちへ、いつか紹介したいと思います。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物のおばけ!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    クラスで一番怖いハロウィンのランプをつくろうとしていたジーナですが、褒められたのは友達のサリー。面白くないジーナがサリーと別行動しているうちに、本物のおばけのハロウィンパーティに紛れ込んでしまい!?
    本物のおばけは実際怖いだろうなーと思いました。子どもはおばけだーと嬉しそうでしたけど。
    相手の力を認めて、悪い時は悪いと素直に謝ることは大切です。友達とはやっぱりいっしょのほうが楽しいですしね!

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーン

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    幼稚園の息子にハロウィーンの絵本を・・・と思って読みました。
    つい先日ランタンをかぼちゃからつくる機会が
    あったのでとてもタイムリーな絵本でした。
    そして上手に作れなくてイライラしてしまう様子や、
    喧嘩をしてしまうことなどなど、子供たちの社会によくあることも
    お話に織り込まれていて楽しいだけの絵本でなくて
    かえっておもしろかったです。
    仲直りできるのかしら?という心配を持ちながら読みました。
    仲直りできてよかった!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情も描かれていてGOOD

    もうすぐハロウィンなので、子どもたちと一緒にハロウィンの絵本を楽しみたくて選びました。
    クラスで一番怖いランプを作ろうとしたジーナ。でもお友達のサリーつくったランプの方がうまくできて褒められます。つい意地悪なことを言ってしまったジーナは本物のおばけのパーティに紛れ込んでしまい・・・
    ハロウィンのドキドキワクワクなおはなしというだけでなく、友情もちゃんと描かれているところがいいなと思いました。絵もとてもかわいかったです。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • うん、可愛い

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    ハロウィンのかぼちゃを抱いた女の子2人の可愛い表紙。
    その表紙を見た際に感じた、可愛い印象そのままの内容でした。
    学校の授業で、一番こわいかぼちゃランプを作りたかった女の子ジーナ。
    仲良しのサリーのランプが一番上手だと褒められているのを見て
    へそを曲げて一人居残りしてしまいます。
    出来てから家を回ったら、どの家もお菓子は配り切っていて。
    おまけに偶然付いていったパーティはどうやら本物お化けのパーティで・・・というお話。

    可愛い絵と展開でハロウィンをより楽しめそうな絵本です。
    ハロウィンかぼちゃ、親子で作りたいな。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろーい!!

    ハロウィンの行事を、楽しく、そしてちょっぴり
    こわく知ることのできる絵本です。
    なぜか本物のおばけのハロウィンパーティーに
    参加してしまった女の子のお話です。
    最初はかわいかったおばけたちが、女の子が人間
    だと気付いたとたん、とってもこわい顔になる
    ところが、おもしろいです。
    娘もちょっとびびってました(笑)。
    絵もきれいで、何度も読んだ絵本です♪

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のジャックオーランタンを見るだけでハロウィンのドキドキわくわく感が伝わります。
    私は一目見て「これ絶対おもしろい!買う!」と思いました(笑)

    ストーリーは夢いっぱいでとっても楽しい!
    もちろんちょっとこわーい展開もあり。

    愛嬌たっぷりの色んなおばけやハロウィンデコレーションされたまち。カラフルでおいしそうなお菓子。
    それになんだか怪しいお城まで!
    そこではほんもののおばけパーティーが開かれていて、おばけたちはヘンテコなあそびに夢中です!
    ガイコツのパズルゲームに、ゾンビをたおすボーリングたいかい。おしろをぐるっとまわるゆうれいレース。こうもりのつかみどりきょうそう。

    でも、おばけたちが一番気に入ったあそびは…
    「「「トリック オア トリート!」」」

    楽しい展開にどんどん引き込まれますよ。

    ほんもののおばけのパーティーも、まちのハロウィンパーティーもどっちも行ってみたい!
    もちろんランプは忘れずに!ですよ。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていいね

    本屋さんでハロウィンコーナーがあり
    その中でも表紙に大きなかぼちゃが書かれていて
    子供と読んだ一冊です。

    子供たちがかぼちゃでランプを作るお話。
    みんなで何かを作る時、上手な子も
    そうでない子もいますよね。
    そんな中での子供の気持ちが表現されていて
    繊細さな部分ってあるよね、と思いました。

    ハプニングあり、友情ありで
    心があったかくなりました。
    とてもオススメです!

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット