ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ちょうちょホテル」 みんなの声

ちょうちょホテル 作:松谷 みよ子
絵:しのとおすみこ
出版社:にっけん教育出版社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784434081682
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発想にびっくり!

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    3歳の子供と読みました。

    まず靴下が主人公なのにビックリ。
    そしてその靴下がタイトルの「ちょうちょホテル」になると知ってさらにビックリ!!
    大人にはなかなか思いつかない発想だと思います。

    絵もストーリーもやわらかであたたかく、親子で気に入った一冊です。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつしたに愛着が

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    新聞に幼児向けの絵本で紹介されていたので図書館で借りてきました
    病気になったアカネちゃんの代わりに双子の靴下タッタとタアタが野原にちょうちょを取りに行くというお話です
    落ちていたクレヨンで「ちょうちょホテル」と書いて野原で寝ている間に、ちょうちょが次々と泊めてもらいにやってきます
    朝ちょうちょでいっぱいになったくつしたが、喜びながらアカネちゃんのところへ帰って行くのです
    作者の松谷さんの長女が4〜5歳の時に、友人が編んでくれた下の子の赤ちゃんの靴下から生まれたお話のようです
    アカネちゃんの靴下が野原でのびのびとちょうちょを追いかけたりする姿に、自分のくつしたもこんな風に遊んでいるのかなぁと考えるだけで洗たくしていても靴下に愛着が湧いてきそうですよ
    文章は少し長いですが、語りかけるような優しい口調で、読み聞かせしていても、心が穏やかになるのでお勧めです

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット