すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

まほうつかいのナニーヌーニー」 みんなの声

まほうつかいのナニーヌーニー 作・絵:エドワード・フラシーノ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1993年04月
ISBN:9784566003057
評価スコア 4
評価ランキング 21,484
みんなの声 総数 2
「まほうつかいのナニーヌーニー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔法っておもしろいな〜

    はじめから おもしろくて ぶたが目をむいてうえむいてたり お百姓が馬に蹴飛ばされたり、笑えるんです。

    このおかしな原因は魔法使いのナニーヌーニーとは、赤い目の黒い鳥がいいましたが・・・・どうもこの鳥悪そう!
    ねこは 魔法使いのナニーヌーニーの家を探します
    このねこ つよい!  ナニーヌーニーに負けてないんです

    ここからの展開がおもしろい!

    やはり 黒い鳥は 悪巧みしてた・・・・でも 自分に魔法かけて消えるなんて 喜劇ですね。
    ゆうかんな ねこのおかげで 元通りの農場に戻り
     
    めでたし、めでたし 

    魔法ってよくも悪くも何でもできるのがおもしろい!
    ドラマがあって おもしろいお話でした
    絵も楽しい!

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは一体!

    図書館で、へんな名前の魔法遣いだな〜とおもって
    読んでみました。

    ある農場の動物達が、ある日突然、ひつじは毛が抜け
    馬はなんでもけりつける、雌牛は家の屋根の藁葺きを食べてしまうし
    おまけにその農場の主でもある夫婦は互いに互いが悪いんだ!
    といって喧嘩を始める始末。そんな中、1匹の猫だけがこの事態を
    受け止めて、事件解明に乗り出しました。

    そこで、このお話しのキーワードとなる
    2人の魔法遣いが出てくるのですが、お話しの最後まで
    どっちがいい魔法遣いか、どっちが悪い魔法遣いなのか?
    全然見分けが付きません。
    おまけに、ナーニーヌーニーというおかしな名前の魔法遣いの
    おばあさんはおかしなかっこうをしてへんな呪文を歌ってるので
    図書館なのに、クスッと笑っちゃいました。
    そして、この2人の魔法遣いの決着も意外なものが役に立って
    はは〜ん。こういう仕掛けね!と、おもしろい仕掛けに感心。
    最近、謎解きが大好きな息子に、どっちがいい魔法遣いなのか
    解明して楽しんでもらおうと、結局借りてきて家で息子に
    読みましたが、息子も私と同じようにへんな事件にへんな名前に
    「へんなの〜」そして、謎解きも楽しそうに
    両方の話し方や態度をみて解明してましたよ。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット