ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

「幼なものがたり」 みんなの声

幼なものがたり 作:石井 桃子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「幼なものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 石井桃子さんの幼少期

    図書館の石井桃子さん追悼コーナーにありました。

    幼い時の記憶を辿ったお話で、「一年生」になったところまでが描かれています。

    明かりがランプだったことや、明治天皇の死についても触れられていて、四つの時代を生きた証人のような人だと思いました。

    1歳の頃に亡くなった弟の記憶もあり、かなり早くからの記憶が鮮明であることに驚きました。

    大家族の中で育ち、家族の誰と誰が親密であったか、子どもながらよく記憶し観察していたことにも驚かされました。

    明治末期の浦和の様子や、大家族の生活史として読んでも興味深かったです。

    私は、作品を読むと、その人の人となりも知りたくなる方なので、石井さんがどんな幼少期を過ごされたのかがよくわかり嬉しく思いました。

    読んでいて、なぜか幸田文の子どもの話を書いたエッセイを思い出したのですが、幸田文(1904年生まれ)、石井桃子(1907年)と比較的近い生まれなので、同時代性を感じたのかもしれないと思いました。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット