おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ホーじいさんとヤムの桃」 みんなの声

ホーじいさんとヤムの桃 作・絵:喜多嶋 洋子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784592761235
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「ホーじいさんとヤムの桃」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  図書館で見つけました。えっ!これが絵本?と思うほど字も多いし、長くてびっくり。

     
     でも絵に惹かれ、読み進めるととてもいいお話でした。

     
     世話好きのリスのヤム母さんは3匹の子育て中。隣の木に住むふくろうのホーじいさんから行ってはいけないと注意をされたのに、遠くの、車という魔物がひっきりなしに通る危険なところ、人間の住む庭先まで桃を取りに行きます。そこはお父さんもたぶん命を落としたところ。それを聞いても母さんはどうしても子ども達に食べさせてあげたかったのでしょう、3回も道を渡ろうとしたあげくに・・・かなしい結果になりました。この時の母さんの姿は涙なしには見えません。

     いのちと引き替えの桃を子ども達に渡し、魔物に会わなくてもいいように、ミューアの森に種をまき、育てる役目を子リス達に与えるのです。いつの間にか保護者のように子リスを見守るホーじいさん。やがて月日がたち、子リスたちも成長し、親となったのを見守り、ミューアの森においしい桃ができた事も見届けたホーじいさんは旅立ちます。

     本当にこんな話がどこかにあったような気がしてなりません。私たちにとって便利な自動車は小動物にとっては魔物なのでしょうね。
    かなしい場面もありましたが、優しく、強く成長していく姿が良かったです。絵も優しいタッチで素敵です。ふりがながついていたら子ども達にももっと読みやすいのになぁと思い残念でなりません。
    また『きつねとぶどう』という話を思い出しました。 

    掲載日:2013/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 願い!

    子リスたちを、温かく見守るホーじいさんが、命の限り尽くして満足に死んで行ったと思いました。ホーじいさんの優しい願いが、森の動物たちに危ない思いをしないようにと、ヤムの桃も見事に育ってよかったと思いました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい心は伝染します

    あら、かわいい表紙の絵

    ん?女優さん?の作品?
    あまり期待しないで読み進めたら・・・
    びっくり!
    とっても素敵なおはなしです

    気難しいホーじいさんと
    世話好きなヤムおかあさん
    のやりとりから始まります
    なんともいいおかあさんなんです

    ところが、大変なことに・・・

    悲しいことですが
    ここで、ホーじいさんが変わるのです
    桃の種3っつも大事なアイテム

    3人兄弟は、それぞれ
    で、ちょっと心配だった末の妹が
    そして、その子どもが・・・

    なんとも世代に引き継がれるもの
    「愛情」「寄り添う心」が
    とっても素敵なんです
    最後は、また涙・・・

    寄り添う2本の木と
    3本の桃の木の絵は
    とっても素敵です

    文字が多いのですが
    途中からは気にならず
    カタカナの名前がこんがらがりそうになるけど(^^ゞ
    大丈夫!
    じっくり楽しんで読んでください

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛と命と自然

    森の大きな2本の木に住むリス一家と、一家を温かく見守るがんこ者のふくろうじいさんの、せつない愛の物語です。
    大変! 母さんリスがいなくなった…。子リスのために美味しい桃を採りに出かけた母さんリスが、車に轢かれて死んでしまいます。
    残された子リス達に母さんリスの死を告げ、命がけで採った桃の種を植えるようにと告げます。
    子リス達を励まし見守るふくろうじいさんには心が温まります。
    やがて子リス達が成長し親となり、母さんリスの桃も花を咲かせ実をつけるようになります。森の仲間が、母さんリスのように危険な思いをしなくてすむようにという、ふくろうじいさんの願いが叶ったのです。
    ふくろうじいさんの命は消えましたが、その思いは森に息づいたのです。
    優しいタッチの絵も素晴らしく、長く読み継いでいきたい作品です。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ビロードのうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット