雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

「ふうせん どこにとんでいく?」 みんなの声

ふうせん どこにとんでいく? 作:ジェイミー・リー・カーティス
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ふうせん どこにとんでいく?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どこまで飛んでいったの?

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    サブタイトル『ふわふわした ふしぎなせかい』が、ぴったりのお話でした。

    ふうせんをもらった時ってうれしくてギューと掴んでいるのに、手から離れてしまった事って経験ありますよね・・・

    その時どんな気持ちだったのかな・・・?

    すごーく悲しかったり、寂しかったり・・絶対もう一度捕まえようと追いかけたりした子もいるのでは・・・

    空を見上げていても・・いつか消えてしまうふうせん。
    どこいったんでしょう?


    この絵本は手から離れたふうせんがどうなってしまうんだろう?って
    想像のお話で・・本当に夢みたいでそうだといいなぁ・・と思ってついうなづいてしまうお話でした。

    子どもってこんなこと考えてるのかな・・っておとぎ話の世界ですね。

    最後にふうせんがいろんなところで記念写真とっているページがあるんだけど、そのページが以外と人気で、みんなふうせんがこんな風にあちこち冒険してるって思っているんかな?って笑えました。

    色使いも淡い感じで軽く飛んでいきそうな優しい雰囲気です。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット