しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふりかけの神さま」 みんなの声

ふりかけの神さま 作:令丈 ヒロ子
絵:わたなべ あや
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784333022106
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,930
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ふりかけ大好き

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ふりかけ大好きでおかずを食べない偏食な女の子のお話。
    うちの子もこういうところあるなーと思いながら読みました。
    子どもが大きくなったら、いっしょに読んでみようかな。
    ふりかけの神さまは女の子をあたたかく見守っているのだと思います。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供と読みたい ごはんのお話。

    なかなかおもしろいお話でした。
    大人にとっても、幼年童話もいいものですね。
    私自身が子供の頃 とても好き嫌いが激しく、
    偏食だったこと(今は太った元気なおばあさんですが)、
    3人の子育てを終え、それぞれに食事の好みや
    どんなふうに食べさせたらいいかを迷うことがありましたが、
    今は成人して、それぞれに立派にやってくれてることを思うと
    何がどうだったのか いつのまにか過ぎ去ったことでした。
    そんな私がこのお話を読んで
    ふりかけごはんも美味しそうに思えたし、
    ふりかけの神様に出会って
    展開していくお話も 怒ったりイライラしてしまう
    食事のしつけをこんなふうに進めていくと
    いいだろうな。。と今だから感じたのかもしれません。
    さらちゃん。。と今時の名前ですが、
    皿をイメージしてしまったので
    食事に結びつかない名前にして欲しかったと思うのは
    私だけかな。

    掲載日:2016/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番おいしいもの

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    小学生のさらが主人公の幼年童話。
    題名から、魅力的なオーラを感じます。
    さらはふりかけが大好きで、少し偏食な女の子。
    お母さんに栄養のバランスを注意され、ふりかけ禁止を言い渡されてしまいます。
    失意の中、下校途中に見かけた神社で、なんと、「ふりかけの神さま」に出会うのですね。
    そしてもらったのが、特製の「神さま」ふりかけ!
    ふりかけが一番おいしい、と思っている限り無くならないんですって。
    ね、魅力的でしょう?
    でも、さらには、一番おいしいものが他にできてしまうのですね。
    なるほど、これはほっこりストーリーです。
    その表現の文章が、とても素敵です。
    ぜひ、じっくり味わってほしいです。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 極上の味とは?

    白いごはん以外、あんまり食べることが

    好きではない女の子のお話です。

    お母さんが朝からご飯をしっかり作ってくれても

    全然食べようとせず、ご飯にふりかけばかり・・・。

    分かる気もします。

    うちも似ていますから。

    白いごはんさえあればおなかいっぱいに

    なりますから。

    ふりかけの神様に出会うことで

    それが一番の極上の味だと思っていたけど

    真の極上の味とは何か?

    読んでいくとわかります。

    偏食を治すためのお話というよりは

    食に目覚めさせるためのお話だと思います。

    こういうお話をいっぱい読んでいくと

    食べたいものが増えていくのでいいと思います。

    小学生の女の子が主人公でした。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな神さままで・・・

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    今までいろんな神さまの絵本を読んできました。

    が、

    まさか「ふりかけの神さま」がいるなんて〜驚きです。

    娘が図書館で選んできた1冊。
    ふりかけごはん命の偏食家の女の子が、お母さんの手料理のおいしさに気づくお話です。
    ふりかけの神さまの登場シーンはもちろんですが、娘は炊飯器のご飯を全部食べてしまうところにビックリ。
    読み終わってから聞いてみました。
    「神さまのふりかけ食べてみたい?」

    「う〜ん、しゃけとかたまごやきのほうがいい。」

    そっか、娘はおかず大好きっ子だった・・・
    我が家にはふりかけの神さま出番なしでした。笑

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 極上ふりかけ

    「ふりかけごはんがあればOK!」

    うちの娘は、白ごはんがあまりすきじゃなくて、
    ふりかけ、ごま、シラスにのり…
    とにかく、「何か」かけたがるので、このお話しは共感大。

    ふりかけの神さまからもらった「神さまのふりかけ」。
    今まで味わったことがない、不思議で素敵で、
    もう、とんでもなく美味しい味!?
    う〜っ゛食べてみた〜い。
    「ふりかけ」に ここまで食をそそられるのは初めてです(笑)

    でも最後は、
    「ふりかけ」もいいけど、やっぱり一番は「ママごはん」!
    現実も、そうあってほしいです!!

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてみたい

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    神様からもらったふりかけが本当においしそうでした。
    普段ふりかけは食べない私も思わず食べたい!と思ってしまいました。
    どんな味なんだろうと色々想像するのですが・・・う〜ん食べたい!
    ふりかけがあまり好きではない娘も「神様のふりかけなら食べたい!」と言っていました。

    偏食の主人公が、おかずもしっかり食べている様子が描かれていたらよかったなぁと思います。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公は低学年の女の子

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    表紙がふりかけっぽいです。
    ふりかけが世界一おいしいと思っている間は
    決してなくならない「神様ふりかけ」を
    さらは手に入れました。
    炊きたてのご飯にかけて食べると
    おいしくて、食べ続けて炊飯器が空に。
    するとさらはお腹が痛くなり一日中寝込みます。

    よくなって初めて食べた「おかゆ」。
    やまいもとおもち入りの
    おばあちゃんから受け継いだ味は世界一の・・・あっ。
    ふりかけを超える食べ物があると神様ふりかけが消えちゃう。

    その時「神様ふりかけ」はさらの手のひらから
    ぱっと消えてしまいました。

    その後さらの好き嫌いがなくなったかどうかが
    気になる終わり方でしたが
    「その後」を子ども自身が考えてみるのもいいですね。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふりかけ大好き

    娘もふりかけが大好きなので、図書館で借りて読みました。さらちゃんがお母さんの愛情たっぷりのご飯の大切さに気付くお話です。お話的には普通と思いました。娘はふりかけの美味しそうな様子が気に入ったようです。

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふりかけ好きに!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    我が家の子供たちにぴったりの本を見つけました。
    どんなにおかずがあっても、ご飯と一緒に食べるのができないらしく
    最後にはふりかけ登場。
    「おかずがなくても、ふりかけだけでいいよ」なんて言うんです。
    この主人公の女の子と同じでした。
    実際にこの神様が現れたら、親としては複雑ですが
    でもそのおかげで、素材の味を知ってくれたのなら
    いいですよね。
    食育絵本といった感じでした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット