雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

うさぎのボロリンどーこだ」 みんなの声

うさぎのボロリンどーこだ 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:前沢 明枝
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784893257215
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「うさぎのボロリンどーこだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子におすすめ

    「うさぎのボロリンどーこだ」というタイトルから、ボロリンを探すお話なのかなと思っていましたが、違いました(笑)

    女の子が大事なうさぎのぬいぐるみボロリンをなくしてしまい、とってもショック。そこでお父さんお母さんが「今頃ボロリンは○○してるわよ」と慰めるんです。女の子の想像力もすごいです。こんなこと考えるんだなーと感心しました。3歳次女に読んだのですが、可愛らしい絵に夢中でお話を聞いていました。最後はちょっと予想と違う終わり方でしたが、私もこんなことがあったら子供達にこういう風に言ってあげたいなと思いました。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りがいなくなったら・・・

    モリーのお気に入りの、うさぎのボロリン。ある日、いなくなってしまいました。パパとママとモリーは、「ボロリンはきっと今頃、こんなことをしている」と話しています。・・・


    お気に入りがいなくなって、さびしいモリーですが、パパやママと「きっと、ボロリンは楽しく過ごしているはず」と考えていました。

    我が家の子供達にも、お気に入りがいますが、「もしいなくなったとき、モリーのママのように、楽しいお話ができるだろうか」と、考えました。

    ボロリンのいろんな冒険物語は、子供も楽しかったようです。

    素敵な絵も「かわいい」と言って、お気に入りみたいです。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファンタジーが好きなお子さんのオススメ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作者のヘレン・クーパーは、1作目の「いやだ あさまで あそぶんだい」で1997年に「かぼちゃスープ」で1999年にケイト・グリーナウェイ賞を受章という快挙を成し遂げています。

    我家の絵本の選択基準は、絵が奇麗なことなのですが、この作品は文句なし。
    最高水準と言っても過言ではありません。
    姿形、構図、色あい、デフォルメの具合とも絶妙で、細かいところまで精緻に描かれているので、何度見ても新しい発見があって、決して飽きることはありません。
    それが、現実とファンタジーの対比で描かれ、しかも、そのファンタジーのレベルは想像を大きく越えるもの。
    ストーリーだけでなく、魅力溢れるキャラクターは、絵本の素晴らしさを思う存分感じさせてくれることでしょう。

    話は、主人公のモリーが大事にしているうさぎの人形ボロリンが見当たらなくなるシーンから始まります。
    これって良くある話で、誰しもが経験のあること。
    パパとママとモリーは、ボロリンが何処にいるのか、想像を巡らします。
    バスに乗っている、汽車の運転をしている、3びきのくまとおかゆを食べている、シンデレラと馬車に乗っている、海賊船に捕まった、竜に助けられた、月に行った、宇宙船に乗っている等等、たまらない展開が盛り沢山散りばめられています。

    何より素晴らしいのがエンディング。
    一枚の絵に、今までのボロリンの冒険が一目でわかるように描かれています。
    そして、ボロリンが一言、「やっとあえたね」と言うのです。

    ヘレン・クーパーの作品にしては、あまり読まれていないのが不思議なくらい秀逸な作品です。
    ファンタジーが好きなお子さんに、特にオススメしたい作品です。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファンタジー

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「かぼちゃスープ」のヘレン・クーパーさん。丁寧に書き込まれた、写実的なような幻想的なような独特な絵が好きなのでこちらも読んでみました。
    お気に入りすぎてぼろぼろになってしまったうさぎのぬいぐるみボロリンがいなくなってしまった!
    なかなか見つからないボロリンの行方をめぐって家族みんなで色々と想像するのですが、それが素敵なファンタジーで、クーパーさんの描く絵とぴったりでした。
    娘が一番気に入ったのはシンデレラの馬車にボロリンが乗っているところ、私が一番気に入ったのはボロリンが月の粉をかけられているところです。
    最後にボロリンのたどった道のりが全てぐるりと描かれているので、そこでまた盛り上がりました。

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子育て法を学ぶ

    『かぼちゃスープ』のヘレン・クーパーさんの最新作ということで手に取りました♪
    子供って誰しも大事にしているものがある。
    それを亡くしてしまった時の悲しみって、大人以上に大きいのでしょうね。
    日常でもありえそうなこと。
    それが起こった時に、どんなふうに対応したらいいのか、子育て方法を学んだような気がします。

    お話は、モリーの空想の世界が展開されているのですが、モリーなりに一生懸命自分を納得させようとしているんでしょうね。
    その姿はとっても可愛いかったです。
    それにモリーの空想の世界は絵本好きには嬉しい展開ですね!
    そんなふうに考えていたのか!!と笑えちゃいました。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幻想的だけど現実的!すごい構成!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    幻想的な表紙。描かれたうさぎがかわいいですね☆
    娘はすごく気にっていました。
    「なんで傘持ってるの?」「なんで飛んでるの?」「なんでドーナツ持ってるの?」って(笑)
    それは、お話を読むとスッキリします^^

    娘が(適当に!?)選んだ絵本の割に、すごくすごくすご〜〜く素敵な絵本でした☆☆

    いなくなったボロリンは今何をしているか、パパやママと一緒に想像するんです。
    今日はバスを降り、次の日はくまさんと一緒にお粥を食べ・・・空を飛び、月までも!
    色んなハプニングに遭いながらも少しずつモリーの元へ近づいてきます。

    無事モリーの元へボロリンは戻ってくるでしょうか!
    うわー!そうなるの!?と意外な結末だけど、パパとママの優しい気持ちとモリーの喜ぶ姿が素敵!!
    意外な結末だけど満足度は120%!!!

    物を大切にする気持ちがよく描かれています。
    大切な物は汚れていてもボロボロでもそれじゃないとダメなんですよね!
    どんなに新しくて綺麗な同じ物でも、本人にとっては別物。愛着なんてわかない。
    それを見事にクリアするお話の展開は素晴らしいです!
    幻想的だけど現実的です。
    もうすごーい!感動〜!大絶賛!!

    今私の中で一番のお気に入りの絵本になりました☆

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りのボロリンというウサギのぬいぐるみをどこかで紛失してしまった娘が悲しまないように、お父さんとお母さんがあれこれと想像を膨らませて楽しい気分にさせてあげるところが素敵でした。個人的にはラストで「見つかってよかったね」となってほしかったのですが、結局、新しいボロリンを買うことになったようです^^;

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後までとってもいい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    この物語の主人公、モリーも、ちょうど娘と同じ年くらいなのかな?
    大事に大事にしてたうさぎのぬいぐるみ、
    ボロリンがなくなってしまって、
    とっても悲しいモリー。

    でも、お父さんとお母さんの愛情溢れるフォローに
    いつの間にか乗っかってしまい、
    旅をしているボロリンを想像しては、
    お父さんお母さんとお話をしています。

    なんだかモリーがとっても娘に見えてきて、
    すっごく幸せに読めた一冊。

    最後に結局新しいボロリンを買いにいっちゃうのは、
    なんだかとっても寂しい気持ちがしていましたが、
    ボロリンの「やっと、あえたね」の一言で、
    その寂しさがふっとびました。
    この最後、スゴイ!

    ヘレン・クーパーさんの作品は初めて読みましたが、
    是非他の作品も、娘と一緒に読みたいと思いました。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット