貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

エリック・カールの動物さんぽ」 みんなの声

エリック・カールの動物さんぽ 作・絵:エリック・カール
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784039602404
評価スコア 4
評価ランキング 24,363
みんなの声 総数 1
「エリック・カールの動物さんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これが原点か・・・・

    羨ましいな。そして、厳しい時代を生き抜いているからこそ独特のエリックワールドが、存在するのかと、納得の一冊でした。どこの英会話教室の幼児講座でも、幼稚園の英語の時間でも、エリック・カールは親しまれて教材として使われ、子供たちのほとんどは、何かしら彼の絵本に触れているはずです。いま、ようやく長い文章が少し理解し始めてきています息子のおやすみの前に、読んできかせるのにと、購入しました。挿絵はどれも息子の想像を膨らませるのに、すばらしく内容はまだ私の声を楽しんでいるようにも思えますが、しだいに、興味を持つに違いないと確信しています。ずっと長く心に残る、大人になって息子が親になっても、子供に読んであげてほしい一冊です。ただし、くどいようですが、我が家の場合はいまのところ、おやすみの前しか、読んで聞かせることができません・・・・。

    掲載日:2003/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おふろだいすき / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット