おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
お正月に家族で読んで、ほっこり気分になれる絵本!

レインボウブックス ながれ 」 みんなの声

レインボウブックス ながれ 作・絵:真砂 秀朗
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\826+税
発行日:1994年05月
ISBN:9784895883108
評価スコア 4
評価ランキング 18,261
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 純粋な心で 読んでみよう

    レインボウブックス、シリーズで2歳の娘と楽しく読ませて頂きました☆
    こちらの「ながれ」も、文字はなく 
    絵から本当に感じる通りに 読み手自在に物語は進んでいく
    なかなか大人になると
    「これが雨でしょ〜〜で、雨はー こうなってこうなってー」って
    知ってる通り絵本を理屈で説明したくなるんだけど、
    子供はそうではなくって、
    見たまま、シンプルな絵とともに、ながれるままに、
    物語を感じるんだなぁと実感し
    感じる心を育ててくれる絵本なんだなぁと思います☆
    シリーズで、それぞれいろんな形でテーマが表現されていて
    面白い絵本です!

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水だねぇ

    文字はありません。切り絵であらわされた様々な場面は、どれも水につながっていきます。
    ひとつひとつの場面をじっくりと見ながら、子どもたちとたくさん会話ができることでしょう。子どもならではの発見が、いろいろとできると思います。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の流れる絵で物語が成り立ち、自然の雄大さを感じる素敵な絵本だと思いました。色彩もキレイで見ているだけで楽しい気持ちになります。子供の成長に合わせ親子で会話も楽しめるような作りになっているところが良いと思いました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をはたらかせて

    文字のないイラストだけの絵本ですが、ながれというタイトル通り、生活には欠かせない水の流れをいろいろな場面で描いています。
    優しい色合いのイラストも切り絵風のはっきりした線で描かれていて赤ちゃんにはわかりやすいのかなと思います。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけ

    リズム、から読んだので、グングパタゴドバ、、、、とか言いながら読むのかと思ったら文字が全くなかったです。

    くも、木、いるかなどを切り絵のような絵でかいていて、未就学児とか小さい子に良いのではないかと思います。

    6歳にはシンプルすぎました。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字はない

    文字が全くないので、むすめは拍子抜けしていました。

    いるか、雲、木、カヌー、虹など、、、、、、、、、、、絵だけがかかれています。

    いろんなものを絵であらわしています。

    小さい子向け。幼稚園に良い気がします。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳でも楽しい

    0歳の下の子に。
    と手にとったのですが、意外に3歳の子に大うけでした。
    文字のない絵本ですがちゃんと物語になっているので、自分で勝手に物語を作って話てくれました。
    「あめがふってるねー」
    流れというのは水の流れの物語なんですね。
    なんだか勉強にもなってとてもいいです。
    「でんしゃがきましたー」
    え!!?
    電車好きの息子には川の流れが線路に見えるらしいですw

    それぞれの感じ方で読めるのが絵本のいいところですね。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ながれのめぐみ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ながれがテーマの赤ちゃん向け絵本なんてめずらしいです。どんな内容なのかとわくわくしながら読みました。文字はありません。雨が降ったり、水が流れていたり、植物に水を与えていたり、私たちの生活は水が流れていてくれるからこそ成り立っていることに気がつきます。
    私はそんな大事な水を大切に使わせてもらっているかな?いろいろと考えさせられました。
    小さい時から、水を意識させるっていいことだと思います。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れていくもの

    最初のページが降り注ぐ雨から始まっていたので、きっと「水の旅」のようなお話だろうと思っていました。
    雨が降り、川となって、最後は海へと流れて行く。

    でもこの絵本は、単にそれだけではありませんでした。
    その水を貯え、田畑を潤す。
    人も動物も、そして植物も、この地球上の生きとし生けるものすべてが必要としているもの、水。
    その豊かさ、美しさを、この絵本を通して感じることが出来ました。

    文字は全くありませんが、だからこそ自由に、感性豊かに読み聞かせてあげたい絵本です。

    最後、雲も虹も、やっぱり水が無いと見ることは出来ない。
    真っ青な海と空、そして流れていく真っ白な雲に、七色の虹。
    その美しさと雄大さに、とても豊かな気持ちになりました。

    大自然を流れていくものを、身体で感じることの出来る絵本です(^^)

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大

    美術作品を観ているようでした。
    文字のない絵本ですが、ちゃんとストーリーになっているので、赤ちゃんには親が語りかけてあげられるし、大きくなったら、親子で会話を楽しみながら見ることも出来る。勿論、子供が一人でめくって楽しむことも出来る。年齢に合わせて色んな楽しみ方、見方が出来ると思いました。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット