モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

「フランツはじめて恋をする」 みんなの声

フランツはじめて恋をする 作:ネストリンガー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「フランツはじめて恋をする」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フランツの成長

    金髪のフランツシリーズ7です。

    フランツも1の頃より大きくなっています。6で2年生だったので、この本でも2年生ぐらいなのでしょうか?

    3つの作品が収録されていますが、「アンナ=リーゼのことならぼくにまかせて」というのが、フランツの恋なのか?と思ったら、フランツのお兄さんのヨゼフのお話でした。

    フランツがヨゼフの恋を成就させようと、アンナ=リーゼのおばさんにじゃがいもを手土産に持って行くところに笑ってしまいました。その手は、お母さんがさくらんぼを持って情報収集に行ったまるっきり真似だからです。

    でも、このお話のヨゼフの気持ちの変化には「あれ?」という感じで、フランツに同情してしまいました。

    「妖精みたいな女の子エルフェ」が、フランツの恋物語だったのですが、エルフェがとんでもない女の子だったことにと驚いてしまいました。こんな女の子がいたらちょっと考えてしまいますし、真似してほしくないと思います。

    成長してちょっとおませになったフランツの姿が垣間見えました。息子と共に「アンナ=リーゼのことならぼくにまかせて」がおもしろかったと思いました。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット