だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うらしまたろう」 みんなの声

うらしまたろう 作:川崎 洋
絵:湯村 輝彦
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1989年11月
ISBN:9784895881098
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいいいかただと思いました

    「うらしまのあんちゃん」ってかいてあったから、おもしろいいいかただと思いました。

    絵がなんかちょっとおもしろかったです。

    うみのさかなの絵もおもしろかったです。

    はるがすぐななつになってなつがすぐあきになるから、びっくりしました。

    ビキニをきてる女の人がいたからびっくりしました。

    うらしまたろうはどうなるんだろうと思いました。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少しくだけたお話

    現在、うらしまたろうを読み比べています。その中で見つけたのがこの本です。原色を使った色使いや、乙姫様がビキニを着て、海辺で寝そべっている姿が現代風です。

    うらしまたろうを「あんちゃん」としているのも斬新で驚きました。

    ストーリー的には、おかしくないのですが、昔話として読むと絵や文章の所々が気になります。人によってはおふざけがすぎると感じるかもしれませんね。

    私も最初にこの本を子どもと読むのはどうか?と思いました。

    少し不思議に思ったのは、うらしまたろうが、表紙には出てくるのに絵本上では姿を現さないことです。

    古典的な昔話を読みたいと思う方にはお勧めしませんが、少しくだけたお話が読みたい場合にはよいかと思います。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット