だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おかあさんのおっぱい」 みんなの声

おかあさんのおっぱい 作:ホ・ウンミ
絵:ユン・ミスク
訳:おおたけ きよみ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784895726788
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おっぱいが勢ぞろい(笑)

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    おっぱいが大好きで困っちゃう次男のセレクト・・・です。

    でも 読んでいて私が「へぇ〜〜」って思わず言ってしまう、おっぱいの科学の絵本です。

    動物たちが、お母さんのおっぱいをどうやって飲むのか。

    そして、やっぱりすごい!おっぱい。
    ちゃんと赤ちゃんが飲みやすいようにおっぱいが付いているんですね!

    我が家はそんなに母乳期間は長くなかったけど、この絵本を読みながら赤ちゃんの頃を懐かしく思い出しました。

    掲載日:2011/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなおっぱいが好きなのね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    いろんな動物の、おっぱいを飲む姿が描かれていて、どれも見ていてとてもほほえましい。
    カンガルーのおっぱいは、ふくろの中にあって見えないとか、うしの赤ちゃんはおっぱいをひとりじめできるとか、それぞれの特徴がわかって大人も楽しめる一冊です。
    たまごから生まれる動物には、おっぱいがないとか、「そういえばそうだな」と、むかし習った知識を掘り起こしてみたり。
    いろんな動物のおっぱいをながめて、最終的に自分のおかあさんのおっぱいがいちばん!という結論に達するところが、母としてうれしく思いますね。
    人間の赤ちゃんがおっぱいを飲むようすは、作者が赤ちゃんを想う気持ちがこめられていて、ずっとながめていたい気分になりました。
    おっぱいと聞くと、7歳くらいだったら笑ってはずかしがるのですが、
    実はとっても興味があるんですよね。ぜひぜひ読み聞かせしてみてください。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなおっぱい

    • そら☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子2歳

    本屋さんのおはなし会で読んでもらった本です。
    いろんな動物がおっぱいを飲んでいる姿がかかれています。いるかやカンガルーなどのおっぱいがどこにあるか初めて知ったので、まるで図鑑のように知らないことを教えてくれます。みんなおっぱいが大好きですもんね。次の子供ができたら一緒によんであげたいです。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いるかのおっぱい。

    いろいろな動物のおっぱいが出てくるので興味深いです。
    いるかのおっぱいなんて考えたこともありませんでした。
    赤ちゃんって全身で五感を使ってママのおっぱいを
    飲んでいるのだなあと改めて思いました。
    そしてちょっぴり嬉しい気分になってしまいました。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見ていてるとほっと和む

    韓国絵本が最近は豊富に出ているので、見つけると読んでみたくなります。

    いろんな動物のおっぱいの飲み方、ついている場所などがよくわかりました。

    所々、クイズ形式になっているので、息子は問題に答えていました。

    カンガルーのおっぱいのある場所に驚きました。

    子どもはお母さんのおっぱいは大好きだと思います。

    読んでいた時、子どもと私の距離がいつもより近くなっているような気がしました。

    大きくなったお子さんは懐かしいと思ったり、いいなと思ったりするのではないでしょうか。息子も興味を持って見ていました。

    おっぱいを飲むことは生存に関わるということだけでなく、お母さんとのふれあいでもあり、見ていてるとほっと和むものを感じました。

    掲載日:2009/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな飲み方してる?

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    語りかけるような文章で、幼い子向きの絵本かな?と思ったら、
    様々な動物のおっぱいの特徴、飲み方、科学絵本とも言えるぐらいの
    知識を得られます。
    特にオランウータンのおっぱいには、「へえ、そうなんだ〜」と
    私も思わずつぶやいてしまいました。

    小さい子にもわかりやすく書いてあるし、表紙にもある緑と赤の背景が
    とても印象的で素敵でした。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット