いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です

やかんねこ」 みんなの声

やかんねこ 作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2004年02月
ISBN:9784265061402
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,638
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろかったです。

    びっくりしたことは、やかんねこがそらに上がったことです。

    おもしろかったところは、ヨコッチョぼしで、ビルがまがったのでびっくりしました。

    ジオーキぼしはおもしろかったです。ランドセルときょうかしょがあまりにも大きかったのでびっくりしました。

    びっくりしたことは、たべものやいろんなほしがうちゅうにはあるんだなとおもいました。

    びっくりしたことは、チョコレートぼしまで十二年かかるっていったからです。

    デタラメぼしはおもしろかったです。

    いえがいちりんしゃにのったりテレビがなわとびをしているからです。
    あと、じてんしゃがふとんでねたりするからです。

    びっくりしたことは、王さまがけむし、だいじんがミミズだったからおもしろかったです。

    おもしろかったところは、木にネズミがなっていたところです。

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても楽しい空想

    息子が大好きな矢玉四郎の本です。

    図書館に行っても書店に行ってもすぐに目につくみたいです。

    やかんにのったへんなねことともにアキラは宇宙へ。

    宇宙といっても月や火星に行くわけではないのが、矢玉四郎的だと思いました。

    息子がはまっていたのは、デタラメ星かな。木にねずみがなっていたり、王様が毛虫だったりと、ことごとく反応していました。

    今回、行かなかったけれど、息子がぜひとも行ってみたそうにしていたのは、チョコレート星でした。

    チョコレート食べ放題が子どもの心をくすぐったようです。大人だったらおさけ星になってしまうのかな。

    矢玉四郎らしい奇想天外さに、「えーこんな星あるの」と息子はとても喜んでいました。

    ありえないですが、こんな星があったらいいなと考えるのはとても楽しいことだと思います。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット