おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

「ごひらっふの独白」 みんなの声

ごひらっふの独白 詩:草野 心平
編:齋藤 孝
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ごひらっふの独白」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 蛙語で詠む

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    いきなり、
    『るてえる びる もれとりり がいく。』
    そして、
    『ぐう であとびん むはありんく るてえる。』
    と続きます。
    どこかで、関連性が出てくるのか、繰り返しが出てくるのか、一度読んだくらいでは、読解不可能。でも、声にだして読んでいくうちに、なんだか、かえるの詩人になったような気がしてくるから不思議です。
    音を楽しんで、巻末の日本語訳とあわせて読んでみると、またまた『言葉の世界』を楽しむことができます。『音』に意味があり、そして、言葉の意味を考えながら、それを『音』にしてみると、どんな感じになるのか、あれこれ想像してみるのも、いいかもしれません。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット