貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆきのひ くろくま」 みんなの声

ゆきのひ くろくま 作・絵:たかい よしかず
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784774314204
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,635
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • くろくまシリーズ

    くろくまシリーズ、かわいいです。
    お話しも、とても微笑ましいもので、安心して読んでいられます。
    今回は、ユキダルマを作るのですが、その翌朝、ユキダルマが増えていきます。お友達が作っているのかな…と思っていたら、なんと、正体は…!!
    ラストもいいです。

    掲載日:2017/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緑の芽がお花になる日

    くろくまくんのおはなしは、わかりやすくて
    絵もシンプルでとてもかわいいです。
    雪が降って、寒い日のおはなし。
    くろくまくんは雪だるまを作ります。
    でも、、ちいさな雪だるまが毎日、増えてゆきます。
    誰が作ったのかわからないので
    くろくまくんは見張っていることにしました。
    そしてみつけたものは?あらあらっ!
    ゆきだるまはたっくさんになります。
    かわいい冬のメルヘンチックなおはなしです。

    掲載日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緑色が効果的

    雪の白色とくろくまくんの黒色に、さらに緑色が効果的に使われています。
    くろくまくんが身につけている帽子やマフラーや靴のほか、雪だるまにかぶせるバケツも緑色で、それがとっても似合うのです。
    そして、最後には、春の訪れをその緑色が見事に表していました。
    シンプルだけれど、ウキウキワクワク感がいっぱいの素敵なお話でした。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなかとけない雪だるま♪

    雪の日には雪だるまをつくりたくなりますね。
    今年の冬は九州地方にも大雪が降り、息子も雪遊びを楽しみました。
    張り切って作った雪だるまは次の日のお昼頃にはとけてしまっていて、くろくまくんの雪だるまがとけないのが息子にはとても不思議だったみたいです。
    そして、だんだん増えていく雪だるまのかわいらしいこと!
    雪解けの後の春も季節を感じることができる終わり方でとっても素敵でした。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪だるまがたくさん

    雪だるまが、毎日1つずつ増えるのはなぜ?

    見張っていたくろくまくんは、大きい雪だるまが小さな雪だるまを作っているのを発見します。

    一人はさみしいもんね。

    とけたあともいいですね!娘はアナ雪みたい、と、喜んで読んでいました。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪だるまが100個!

    大きな雪だるまをみつけたくろくまくん。

    でも、毎日小さい雪だるまが1個ずつ増えています。おかしい!と思ったくろくまくんはしっかり見張っています。すると、雪だるまが、小さい雪だるまを作っているんです。そうか、さみしかったんだね。

    小さい雪だるまが100個できるころ、あたたかくなって雪だるまがとけていきますが、木の芽が残ります。

    死と再生を織り込んだ絵本でした。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の世界ってワクワクしますね☆

    なんてかわいい表紙なんでしょう♪

    ブルーがかったグリーンの色がとてもきれいです!
    白色の雪の結晶が、目立っていますね。

    ページを開くと、たくさんの雪だるまさんが登場して、
    5歳の娘が横でルンルンしています。

    私たちが住んでいる愛知県では、雪だるまを
    作れるほど雪がふらないので、暖かい地方に
    住んでいる子は、本当にワクワクしながら
    読んでいると思います♪

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいゆきだるま

    ゆきがふりはじめました。
    夜のうちにたくさん積もったので、くろくまくんは、雪だるまを作りました。
    頭には、バケツの帽子をかぶせてできあがりです。
    次の朝、小さな雪だるまが増えていました。
    あれ?だれが作ったのでしょうか。
    すると、次の日の朝も、小さな雪だるまが増えています。
    いったい、だれが作ったの?
    だれがつくったんだろうと、友だちの様子を思い浮かべる場面が好きでした。
    小さな雪だるまを作っていたのは…
    そして、その数は、どんどん増えていきます。
    冬から春への季節の移り変わりの中で、変化していくものが、わかりやすく伝わってきます。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいお話♪

    くろくまくんシリーズです♪くろくまくんがゆきだるまを作りました。次の日、小さな雪だるまがとなりに!次の日も次の日も、日に日に雪だるまが増えていきます。雪だるまを作っていたのは…!?春が近づいてきましたとゆうページでは、まさかみんな溶けてしまう?!と少し切なくなりましたがステキな終わりかたで一安心!かわいいお話です♪

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきだるまのおくりもの

    小さい頃、雪が積もるとお姉ちゃんと一緒に大きなゆきだるまを作ったのを思い出しました!

    でもゆきだるまって作った時はいいけど、日にちが経つにつれ溶けて小さくなっていくんですよね…

    ところがくろくまくんの作ったゆきだるまは日が経つにつれ、どんどん増えていきます!

    もちろんお別れは来るのですが、寂しい気持ちにならず、とても素敵な気持ちになれました!

    ゆきだるまのおくりもの、温かくてうるっとしちゃいました。

    掲載日:2016/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット