たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

フレーベル館だいすきしぜん(どうぶつ) すずめ」 みんなの声

フレーベル館だいすきしぜん(どうぶつ) すずめ 指導:唐沢孝一
絵:内藤貞夫
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784577035597
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
「フレーベル館だいすきしぜん(どうぶつ) すずめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身近な鳥

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    身近な鳥であるすずめのことが分かる絵本でした。
    小さいけれど、けっこうなんでも食べるし、けっこうどこにでも巣をつくるし、たくましい鳥ですね。
    からっぽのすずめばちの巣の中に巣をつくるすずめを見て、子供が「大丈夫なの!?」と心配していました。
    ほかにもひなすずめを見て「これがすずめなの?」と言ったり。
    いろいろと興味をひかれたようで子供の反応がよかったです。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雀の生態

    このお話は日ごろ身近に多く生息している雀の事が詳しく書かれていました。雀の子育て、何を食べているなど日ごろ気にしたことがなかったのですが、今回この絵本を読んで雀の事がちょっとわかったので、雀を見る目が変わりました。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゅんちゅ

    庭の薄墨桜の木に雀が止まっているのを、「ちゅんちゅがいるよ」と教えてから、雀のことは、「ちゅんちゅ ちゅんちゅ」と言うようになった孫です。今でも、「ちゅんちゅ ちゅんちゅ」と呼んでます。写真絵本なのでとても喜んでページを捲っています。身近な雀に大喜びな孫です。詳しい説明はまだまだ理解できないですが、写真を眺めているのがとても嬉しい孫です。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 精悍なかんじ

    和やかなイメージを勝手に持っていましたが、彼らは野生の鳥だったのだと気付きました。
    飛んでいる虫を捕まえる図など意外な迫力でした。
    本物の巣を見つけてみたくなりましたが簡単には見つかりませんでした。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく学べるかも

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    イラストと写真を使って、すずめの生態を紹介しているのですが、卵の大きさ比べとか、すずめ新聞なんかもあって、楽しく学べる絵本といった感じです。
    最近、娘が木の上に設置された木作りの巣箱にとても興味を示していたので読み聞かせたら大正解。
    とっても興味深く読み聞いていまいた。
    よく見知った『すずめ』っていうところも、興味をそそる理由の1つのようです。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と知らないすずめのことがわかります。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    とても身近な鳥「すずめ」。
    あまりにも身近すぎるせいなのか 
    自分がすずめのことを
    あまりよく知らないでいることに気づかされました。
    すずめの巣ってこんなところにあるんだ…
    巣の役割って…
    花をくわえているすずめを見たことがあるけどそれって…
    こんな感じで
    大人の私でも「ふぅーん」とか「へぇー」という内容です。
    幼稚園から小学校高学年くらいまでの
    幅広い子ども達の好奇心をくすぐりそうな絵本です。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • すずめに詳しくなれますよ

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    私たちの身近にいるすずめ。でも知らないことばかりでした。

    この本を読みながら子供の頃、
    家の玄関先にすずめが巣を作った事を、思い出しました。

    ヒナのために何回も何回もえさを運ぶ親すずめ。
    ヒナもピヨピヨピヨピヨ鳴いて、とても賑やかでした。
    でも、「最近は見ることがなくなったな〜」と思いました。
    すずめが安全なところに巣を作るようになったのか、
    自分が住む環境がすずめに適していないのか、
    どちら何でしょうか・・・

    この本のおかげで前よりすずめが身近になったので、
    すずめを見たら、いろんな見方が出来そうです。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット