大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

「ミヤマ物語 第一部」 みんなの声

ミヤマ物語 第一部 作:あさの あつこ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ミヤマ物語 第一部」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中・高生におすすめします☆

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子12歳、女の子7歳

    絵本ではありませんが・・・。
    私のはまってる、あさのあつこさんのファンタジー小説です。

    ほとんど挿絵もなく、細かい字が並んでるので、児童書と言えるかどうかわかりませんが、初出は「毎日小学生新聞」に連載されていたようなので、本好きの高学年の子なら、読めると思います。(漢字にルビもふってあります。)

    いや〜、おもしろかったです!(かなりシリアスなストーリーなので、おもしろいという表現は、語弊があるかもしれませんが・・・。)
    久々に、かなり興奮して、寝る間も惜しんで読み耽ってしまいました。
    あんまりおもしろかったので、受験生(=中3)の長男にも薦めまくり、半強制的に読ませてしまった、ダメ母ちゃんです(大汗)。

    舞台は、ミヤマ(=深山)にあるウンヌという謎の村。

    見たことのないヒト=マノモノを恐れ、厳しい身分制度のもと、夜の闇の中で暮らす、不思議な生き物。最下層に属する少年ハギと母トモは、過酷な労働をしながら、つつましく一生懸命生きていた。

    一方、学校でイジメを受け、不登校になった、少年透流(とおる)は、ある日、「ウンヌへ行け」というクスノキの声を聞き・・・???

    時空を超えて、出会った二人。
    第一部は、そんな障りの部分で終わってしまうのですが、とにかく、始終ハラハラドキドキ。251ページの長い小説があっという間に感じてしまいます。

    ファンタジーでありながら、その昔、日本でも本当に存在した「えた・ひにん」などの部落差別を思い起こさせ、不本意な身分制度に怒りを覚えます。
    目を覆いたくなるような、かなり残酷なシーンも出てきますが、おそらく、似たりよったりのことを、人間たちも、過去に何度も犯してきたのでしょう。いや、現在だって・・・?!

    若い読者たちが、そういった差別に疑問を持ち、皆が幸せに暮らせる社会を築きあげていこうとする、強い気持ちを持ってくれれば・・・と願わずにいられません。

    ああ、早く、続きが知りたい。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット