すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

夜のスイッチ」 みんなの声

夜のスイッチ 作:レイ・ブラッドベリ
絵:マデリン・ゲキエア
訳:北山克彦
出版社:晶文社
本体価格:\1,900+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784794967275
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,109
みんなの声 総数 4
「夜のスイッチ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夜の闇、夜の輝き

    闇が嫌いな人っていますよね。
    電気を全部消すと眠れないとか。
    小さい子どもに多いのだろうけれど。

    でも、夜の闇ってほんとは素敵。
    闇があってこその輝きだもの。
    月も星も焚き火の明かりが素敵なのも
    闇があってこそ感じることができるもの。
    夜の闇と輝き、両方手に入れることがで
    きたら、もっともっと人生(というか
    日々の暮らしかな?)も深く濃く豊かに
    なるような気がします。

    そんな闇と輝きを感じられる人になって
    もらうべく、娘をキャンプに連れ出したり
    夜のお散歩に連れ出したりしています。

    掲載日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 同じスイッチだけど

    夜が嫌いな男の子。

    真っ暗になってしまう、明かりを消してしまうスイッチが嫌い。

    でも、ある日、ダークという女の子に「夜のスイッチ」を教えてもらう。

    明かりを消すことは”明かりのスイッチを切ることとは違うの。ぜんぜん違うの!”
    ”これは<夜>のスイッチを入れるだけのことなの”

    そして、それは同じスイッチでできる。

    夜のスイッチをつけると、これまで男の子が見過ごしてきたことが見えてくる。

    コオロギの鳴き声、カエルの鳴き声、夜空の星や月。


    夜になると、その暗さに不安になります。
    でも、夜のスイッチを入れるんだ、と考えることができます。
    そして、夜のスイッチを入れることで、見えなかった世界が見えてくることがあります。

    考え方やものの見方を少し変えるだけで、同じものが違うふうに見えてくる。

    そのことをとてもわかりやすく伝えてくれます。
    そして、<夜>をずっと近くて親しみのあるものにひきよせてくれます。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイッチって何のためにあるのだろう

    男の子は夜を迎えるスイッチが嫌いでした。
    しかし、本当は夜も好きでした。
    この絵本はそんなお話です。

    灯りを消すスイッチは、両親が闇を呼び寄せるためのスイッチ。
    だから男の子は自分では消したくないのです。
    そしてスイッチでできる闇も嫌いだから、自分でつけられる灯り、お父さんお母さんが消さない灯りは好きでした。

    そんな男の子に「夜のスイッチ」は灯りを消すためのものではなく、夜を迎えるためのものだと教えてくれた女の子のダーク。
    男の子はスイッチが嫌いではなくなるのですが、子どもの心理の深いところをついている絵本だと思います。

    夜に遊ぶ子どもたちが出てきます。
    ひきこもり君の心のスイッチとしても読みとることができました。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗いところがきらいな男の子

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    だれだって苦手なこと、嫌いなものがあるものです。
    この男の子は、暗いところが嫌いで、夜が大嫌い。
    ほかの子どもたちが、夜に遊んでいても、一人で明るい部屋にいます。

    息子も暗いところが苦手で、懐中電灯が大好きです。
    こんな子が他にもいたなんて。。。

    嫌いなことや苦手なものを持っていると、世界が狭くなります。
    いい面を見つけて、克服していけるといいと思いました。
    この男の子には、助けてくれる女の子がいました。

    文章が少しむずかしいので、高学年におすすめですが、大人が読んでちょっと説明してあげれば、
    低学年でも理解できると思います。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット