雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ 」 みんなの声

ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ  作:エバ・メフト
絵:アンドレ・レトリア
訳:宇野 和美
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784097263517
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,506
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    ハロウィンが近いので、借りてきました。逃げているカボチャは何か悪さをすて追いかけられているのかと思いきや、そうじゃなかったんですね。(勝手な私の推測でしたが)

    6歳次女は大笑い。まさかこんな展開だったとは。そして賢い孫娘。ぜひ読んでみてください。ポルトガルのむかしばなしと書いてありますが、やっぱりどこの国のむかしばなしも誰もが笑える名作が多いのかな?と思いました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ポルトガルのおばあさん

     「みーなかった みなかった じいさんもばあさんもみなかった」 のくりかえしが面白くて、よんでみました。
    私は、絵もなかなか個性的で楽しめましたが「どれがおばあさん?」
    と5歳のかわいいお友達に尋ねられてしまいました。
    おはなし会のメンバーは、皆大笑いでした。
    ポルトガルのおばあさんってハイカラ(死語?)なんですね〜。
    でも、懲りずに秋のおはなし会で読みます。ハロウィンあたりに楽しい昔話ですね。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • むかしばなし

    孫娘の結婚式にどうしても出席したい気持ちから必死の言葉だったと思うけれど、おばあさんは凄く賢いし落ち着いて、オオカミ、くま、ライオンから上手く逃げれたなあと思いました。その孫娘だから、やっぱり賢いなあと思いました。おばあさんは、赤いハイヒールに網タイツとおしゃれだなあと思いました。他のポルトガルのむかしばなしも読みたいと思いました。

    掲載日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんお疲れ様

    3つの危険をどのように切り抜けるのか、気になりながら読んでいたら、素晴らしいどんでん返し。
    カボチャになって転がり続けたおばあさんに表彰状を贈りたいと思います。
    躍動感のある絵からは昔話とは思えない絵本です。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な味わい

    ポルトガルのむかしばなし、ということなのですが、不思議な
    味わいの絵本だなあと思いました。かぼちゃの顔が、ジャック・
    オ・ランタンになっているので、きっとハロウィンとからめた絵本
    なのでしょうけれど、カボチャ(の中におばあさんが入って)が
    はしるなんてなあ(笑)。ハロウィン文化がなかった日本では
    絶対生まれないタイプの物語ですよね。
    むかしばなしには、それぞれの国の文化が影響するから
    おもしろいなあって思います。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • くりかえし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    おばあさんが孫娘のところに行く途中、おばあさんを食べようとするオオカミ、クマ、ライオンに出会います。
    「くりかえしのお話だねー」と娘。まあ繰り返しは絵本の基本ですよね。子供はちょっとくりかえしの展開はイマイチだったみたいです。
    知恵やくりかえしと昔話らしいお話でした。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしばなし

    ポルトガルのむかしばなしなんだそうです。

    おばあさんを食べようとするおおかみ、くま、ライオン、

    どうやったって勝ち目がない相手なのに、

    後からなら食べてもいいよ〜の雰囲気を残しつつ、

    その場を離れたおばあさんがすごいと思いました。

    タイトルのカボチャはなんだろうと思ってましたが、

    こういう作戦でしたか、孫に脱帽ですね

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーンに

    • 木春菊さん
    • 20代
    • その他の方
    • 岩手県

    昼休みの読み聞かせに選んでみましたが、だいたい1・2年生さんが聞きに来てくれました。
    繰り返しでわかりやすいからか、くすくす笑ってくれたり「え〜」と声を上げてくれたり、けっこう反応のいい本でした。
    すでに知ってる子も何人かいたようで、オオカミだ!とかライオンだ!とかネタバレ?になりそうな発言はあったものの、絵が独特なので何の動物かわかって逆によかったかも。

    大きい図書委員さんが遠くのほうで「走れメロスじゃん」と呟いていましたが、まあまあかぼちゃだし大目に見てよ(笑)

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小3読み聞かせに

    ハロウィンの時期に学校での読み聞かせがあり、選んでみました
    小3には少し内容が幼い?とも思いましたが、まず表紙のカボチャから足が出てる絵で子供たちの興味をひきつけます
    「ばあさん、おまえをくってやる!」
    「みーなかった みなかった じいさんもばあさんもみなかった」 
    の繰り返しにクスクス。
    かぼちゃを頭からかぶるところで「えー!」
    お話の世界を楽しんでもらえたようです

    私としては最後のオチが少し弱いかな?と思うので★4つですが、息子的には★5です

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • セリフを大合唱

    もうすぐハロウィンなので、ちなんだ絵本を探していて見つけました。
    ポルトガルの昔話ということで、繰り返しが多用された昔話らしい展開なのですが、絵が個性的でとても楽しく、絵だけでもかなり笑えます。
    また、「みーなかったみなかった じいさんもばあさんもみなかった」という繰り返しのセリフが楽しく、一緒に読んだ子どもたちもセリフを覚えて「みーなかったみなかった」と大合唱してくれました。
    大勢への読み聞かせにもピッタリだと思います。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット