おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!

とうちゃんなんかべーだ!」 みんなの声

とうちゃんなんかべーだ! 作・絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784591105252
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,600
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 男子パワー

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    最近、お父さんと遊ぶのがホントに楽しい1年生長男。

    まさに、指折り数えてお父さんのお休みを待っている状態。

    釣り。サッカー。野球。 ママ!ママ!なんて追いかけていたのがうそのようにお父さん一色なんです。
    お父さんも、くたくたになりながら、なんとか付き合ってくれていますが、絵本と同じ。やっぱり男子パワーになかなか追いつけないんです。

    でも、一緒に遊んでいるお父さんは、ちょっと少年の顔しますよね。

    この絵本、ほんと男の子の家はこうなんだよね!って、面白く読めました。

    でもなんで、最後にガマに変身しちゃったんだろ。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 父と息子のパワフル全開!笑

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    いやーいいですね!
    父と息子がパワフルに全力で遊ぶ姿!
    母と違って「家事があるから・・」なんて加減をしながら相手はしないんです。父親っていうものは。
    うちと一緒だなあって、うなづきながら見ました。
    (でもこの絵本の親子のがすごいかな)
    途中で疲れちゃって父が横になりかけるところにも共感。

    絵から溢れ出すパワーがすごいです。
    途中から意表をつく展開になり・・これは男の子の妄想?
    カエルになったお父さんと違う世界に行ってしまって終わるんです。
    思わず「え〜〜!?これでおわり?!」と突っ込んでしまいました。
    すべてにおいて、読む側の予想を超えていく絵本。
    これはいいです。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 伊藤さん

    以前にも伊藤秀男さんの作品を読んだ事があり、素敵な作品だったのでこの絵本を選びました。主人公がお父さんとの時間をとても大切にしていて楽しんでいる事を感じられる絵本でした。お父さんが自分の持っている知識や知恵をしっかりと息子に伝授しているところがかっこ良かったです。男の子ならではの遊びが沢山登場し、さすがだな!と感動しました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひみつのもりって?

    ふしぎだったところは、とうちゃんが、がまにばけたところでした。

    たからさがしで、なんでおもちゃのこばんと、ダイヤモンドが土の中にうまっているんだろうとおもいました。

    ひみつのもりってどこだろうとおもいました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • とうさんが大好きなんだ

    父の日が間近で 図書館で、季節のお奨めコーナーにありました。

    「けんかの気持ち」の絵本の絵と同じ 伊藤さんの絵が インパクト有りました、 うしおくんは お父さんが大好きで いつもは仕事で遊んでもらえないのでしょう?

    この日はおとうさんと いろんな遊びをしていて なんと 羨ましい!

    ところが 「べーだ べーだ・・・・」とすごい顔のうしおくん

    なんと 朝から竹藪 那須与一ごっこ(今の子は分かるのかな?)
    お父さんといろんな遊びしているときの顔が満面の笑み(生き生きしている)
    お父さんは くたくた・・・ 
    とうちゃん 100に なっても しんでは だめだよ 
    げんきを だして あそぼうよ
    この言葉は うしおくんの最大のお父さんへの 愛情が込められた言葉ですね!

    疲れて昼寝したい お父さん   それが なんと がまがえるになって 登場? 

     ひみつのもりに とうちゃんがまがえると行くのですが・・・・
    ここのところが のぞいてみたい気になりました

    男の子が テーマの絵本ですが・・・・
    お父さんは 子供にこんなに愛されているんですね

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっぱれなとうちゃん☆

    こんな父ちゃん、素敵素敵!!
    父ちゃんの中の父ちゃん、父ちゃんの鏡ではないでしょうか。

    絵本の中には
    子どもと一緒に楽しむレシピがいっぱいあって
    子どもと遊ぶってどうしたらいいの?
    と思っているお父さんに読んでもらうと良いかも。

    でもねえ、こんなに素敵な父ちゃんってどのくらいいるのでしょうね。
    我が家の父ちゃんも、絵本に出てくる父ちゃんとは比べものになりません。

    べーだ!!
    という男の子の心にはもっと遊んで!!
    大好きなお父ちゃんという熱いメッセージ!!

    疲れたと横になっているお父さんに、
    「100になってもしんではだめだよ」と言う場面が一番好きです。

    素直になれない小学生にもおすすめ。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはエンドレスです

    • さいきちさん
    • 40代
    • ママ
    • 青森県
    • 女の子14歳、女の子10歳、女の子8歳

     いくら遊んでも遊び飽きることがないのが子どもで、そんで親はどっぷりと疲れるんです。でも・・時に子どもより親がはまってしまうこともあるけど・・。うしおくんのおとうさんはいっぱい一緒に遊ぶんだけど、まだまだうしおくんは物足りないの!
     疲れたおとうさんはというと・・。読んでのお楽しみ!

     父親あるいはおじいちゃんにしても男親って、子ども(孫)に「あとおしまい」って言えないんですよね。母親やおばあちゃんは、「これしたらおしまいね」とか、うまくできるんですけど・・・。

     案外、男って子どもと遊んでいながら、童心に返って楽しんでいるのかもしれませんね。
     だけど・・子どもが男の子だったらGOOD!だけど、我が家のように女の子3人だと、気の毒ですよぉ!
    なんてったって、シンデレラ姫ごっこを、エンドレスですから・・。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまたろうの正体は?!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    インパクトのあるタイトルと、伊藤秀男さんの迫力のある表紙に惹かれて、借りてきました。

    いきなり、男の子がお父さんにあっかんべーをしながら
    「とうちゃんなんか べーだ!」と言ってるシーンから始まります。

    え?!父ちゃん、男の子を怒らせるような悪いことしたのかな〜?!と、読み進めていくと・・・
    とんでもない!
    すっごい子煩悩の、いい父ちゃんじゃありませんか〜?!
    朝から、竹藪や公園や庭で、男の子といっしょに、思いっきりパワフルな遊びを展開し、疲れたからお昼寝する・・・という父ちゃんに、まだまだ遊び足りない男の子が「あっかんべー」をしてるのです!

    でも、カレンダーを見ると、赤丸がしてあるこの日は、月に一度の父ちゃんといっぱい遊べる、特別な日なんでしょうね〜?!
    男の子の気持ちも、わかりますね〜。

    そこで・・・
    お父さんの代わりに、現れたのは、大きな大きな・・・???

    ちょっと、最後の展開がわからないのですが・・・(汗)。
    カバー裏に載ってる、伊藤さんの文章を読むと、もしかして、このガマはお父さんの分身?!お父さんの中の「遊びたい心」が化けたのかしら?!

    世のお父さんたちは、忙しすぎますよね〜!
    せめて、週1でも、子どもと思いっきり体を動かして遊べるといいですね。

    掲載日:2009/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • この「とうちゃん」すごいよ!

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    男の子がとうちゃんに向かってあっかんべ〜としている表紙とタイトルが迫力あります。

    男の子はもっとお父さんに遊んで欲しくて、「べ〜」としているのですが、読み進むとこのお父さん、とってもたくさん子どもと遊んでやっているんです。
    こんだけ遊んでもらったんだったらいいんじゃない・・、こんだけ相手してくれるとうちゃんはすごいよ・・と親の立場では思うんですが。

    最後に、大きながまに乗って、秘密の森へ出かけた男の子。
    この後、どうなったんだろう??と気になる絵本です。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまたろう?

    このとうちゃんは、えらい。
    なかなか、ここまで、子どもと本気になってつきあってやれる父親はいない。いや、母親だってここまではできません。
    でも、子どもは、疲れることを知らない。
    遊んで遊んで、それでもまだ「今度は何して遊ぼうか?」と遊びたがる元気者。
    だから、疲れてもう終りだと言ったとうちゃんに、べーだ、なのです。
    子どもの気持ちもわかるし、とうちゃんの気持ちもわかる。
    最後は、どうなるのかと思ったら...
    突然、出てきたがまたろう。
    これは...いったい何?
    で、がまたろうと一緒に出かけていったうしお。
    不思議な読後感でした。あのがまたろうは、何?
    ただ、何?とは思わなかったらしいうちの息子は、「すげーでっかいかえるだった。」と妙に感慨深そうでしたが。
    私の感想は、で、あのかえるは何???

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット