しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てのひらむかしばなし 三まいのおふだ」 みんなの声

てのひらむかしばなし 三まいのおふだ 作:長谷川 摂子
絵:木村 良雄
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784001163827
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,197
みんなの声 総数 16
「てのひらむかしばなし 三まいのおふだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 三まいのおふだの お話しは何度もいろんな絵本や紙芝居で知っています 
    手のひらサイズの昔話  長谷川摂子さんの文で 迫力のある絵も良かったです
    やまんばの布団の中でねた 小僧さん 怖かったでしょう
    雨だれが 教えてくれたのです
    こぞうが 三まいのお札を使って脱げる場面んも  迫力満点

    和尚様は なかなか出てきてくれません ここもハラハラドキドキ

    和尚様は やまんばより 一枚上手ですね  

    ホッ! こぞうさん よかったね!
    昔話はやっぱり おもしろいな〜

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしょうさんは太っ腹

    いっちゃ ぽーんと さけた
    この終わり方は読むのが初めてでした。
    今まで「三枚のおふだ」は、何冊か読む機会があったのですが、
    子どもたちが小さい時に読んだ本は、あまり感情を込めて読みすぎたのか、読書タイムに読むのは禁止命令【子供から】がでてつまらなかったのを覚えています。
    どれも逃げている時は、こわいですね。
    とけびに勝ったバウイもそうですが、小さくなったところを食べてお腹が痛くならないのかしらん、、と考えてしまいます。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼ばさ

    全頁試し読みで読みました。有名なお話なので、何度も読んだ絵本なので凄く怖くても結末がわかっているので安心して読めました。気持ちの余裕からか鬼ばさの衣装に注目してしまいました。ちょっとカラフルでパッチワーク(?)のような着物に、ちょっとお洒落でいいなあと思いました。そんな感情も抱いたのか、小僧を抱いて寝る場面も幼子を抱いているような感情も持ってしまって(?)、怖いのも余裕な私で、絵本の隅々まで絵を楽しみました。和尚さんの慌てない冷静な態度にも感心しました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本が大きかったらな

    読み比べをしました。

    子の絵本とても迫力があります。おにばさの顔が本当に怖く描かれているのです。背景も濃紺というか夜の場面が多く続き暗い背景なので余計に怖い雰囲気です。

    おにばさの顔が怖いし、最後に大きくなるところが迫力あるので、てのひらサイズでなく、大きな絵本のサイズでこの絵を見たかったなと思いました。

    でも絵の雰囲気は最高です。方言も難しくなく読めました。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • よみくらべるのもおもしろい

    有名な昔話のひとつ。いろいろな作家が書かれています。
    読み比べるのもおもしろいです。
    この絵本、表紙はかわいい小坊主ですが、鬼ばさの迫力は、すごいものがありました! ストーリーはわかっているのに、びっくり。
    そして、やっぱり文がいい。
    「だっふぁ、だっふぁ」など、独特の表現が、長谷川さんの文で好きなところ。方言とあいまって、今回もひきこまれました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名な昔話!

    「さんまいのおふだ」は親の私も子供の頃に読んだ聞いたことのある有名な昔話。
    起承転結もはっきりしていて面白く印象に残るお話です。
    たくさんの「さんまいのおふだ」絵本があるので読み比べてみるのも面白いですね!
    子供にも読んであげたい昔話絵本の1つです!
    こちらは持ち運びにも便利な大きさの絵本なのでまたいいですね。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢に出てきそう!

    心の中で、思わず「ギャー!!」と叫んでしまいました!

    「三まいのおふだ」は、他の絵本でも読んだことがありますが
    この絵本は、桁違いに怖いです。
    夢に出てきそう・・・・・。

    このくらいの刺激を好む子も多いと思いますが、
    あまりにも小さい子、怖がりの子は
    眠れなくなってしまうかも・・・・。

    与える際には、よーく見極めたほうが良さそうですが
    個人的には迫力があって面白かったので、星5つです!!

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話はいつまでも

     山奥で迷ってしまった小僧さん。真っ暗な山奥で見つけた明かりをたよりにして行きます、、、。知っているお話ですが、やっぱりドキドキします。お話を、楽しい絵がもりあげてくれます。

     おにばさに便所のはしらが直撃します。おにばさが目をまわしている顔がなんともいえません。おにばさの着物のはでさにも、笑ってしまいました。

     文章が昔風の言葉なので、ちょっと読むのがむずかしかったです。
     昔話は、いつまでも語り継がれてほしいなと思いました

      

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリリング

    うちの子供たちは、鬼が大嫌いなので(かわいい鬼ならば大丈夫)、まずは私が、こちらで試し読みしてみました。
    他の方のレビューで「迫力がある」ということが書かれていたので、心配していたのですが、やっぱりかなりの迫力でした。
    お話も、わかってはいてもスリリング。
    とはいえ、結末の和尚さんの行動に救われました。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばさまが怖い!

    胸がスカッとする昔話。
    なんですが、途中ハラハラドキドキの繰り返しです。
    方言も混じり、おにばさのそれは怖い絵も重なり、とても臨場感あふれるハラハラが味わえちゃいます。

    2歳の次女なんてほんと怖そうに見てるんですが、「怖いね〜」なんていいながら左右から娘達が寄り添ってきてそっと聞いてくれているそんな寝る前の読み聞かせの瞬間が、私は最高に幸せを感じられます。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット