だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ふたごのベルとバル」 みんなの声

ふたごのベルとバル 作:レーベル・ラースロー
絵:ヤニコフスキ・エーヴァ
訳:うちかわ かずみ
出版社:のら書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年
ISBN:9784931129474
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 双子のダックスフント

    双子のダックスフントのベルとバルがとても可愛いです!双子ってやっぱり似てるから区別がつきにくいと思いました。本人からしたら、名前は間違えてほしくないのだと思いますが、やっぱり区別がつかない私でした。双子の子どもは身近にいるけれど、気をつけて名前を間違えないようにしたいと思いました。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 犬だけじゃないよ

    ふたごの犬の話ですが、これは決して犬だけの話ではなさそうに思います。
    見た目にそっくり、親も間違えてしまうほどのふたごちゃんが自分の周りにもいます。
    まして他人から見ると、とても困った問題。
    どちらがどちらかわからない。
    当人たちも困ってしまうのでしょうが、悪戯心があるとふたごちゃんの楽しみもあるのかも。
    犬の場合は、衣服で識別って訳にもいかないから大変。
    犬の場合は、ふたごでなくても区別がつきづらいのですからなおのこと。

    おしゃれでユーモラスな絵本ですが、私はあれこれと考えてしまいました。
    読み聞かせを楽しむ子どもたちの中にもふたごちゃんがいました。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 犬のお話

    双子に興味深々の年長の娘と読みました。字が小さいので一人で読むのは難しいです。ベルとバルは双子の犬なんですが犬好きの娘は聞きいいってました。私は双子ではないし、身近に双子がいなかったので双子の
    気持ちがわからなかったですが一番嫌なことは間違えられることらしいですよ。今度双子さんに聞く機会があったらそうなのか聞いてみたいです。でもこの犬ちゃん、お利口だし、かわいいし。こんなワンちゃん買いたいです。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット