ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

なんて よぶの?」 みんなの声

なんて よぶの? 作:まつのまさこ
絵:えのもとかなこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1995年
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「なんて よぶの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読んだら来て欲しいからこそ

    色々な動物の赤ちゃんが、その動物の鳴き声でお母さんを呼びます。次のページを開くとお母さんが駆けつけてくれくれる内容。
    お母さんが見つめる子どもの眼差しも、駆けつけてくれたお母さんを見る子どもも朗らかで優しい気持ちになれます。
    最後のページは人ですが、息子もこれを読むと真似をします。
    抱きかかえられている子どもが羨ましくなるみたいです。

    1才以降に動物を覚え始めたらいいかもしれません。線が細いイラストなので目が悪い赤ちゃんには難しそうです。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供はお母さんを呼びます・・・

    動物そして最後には人間の子供がお母さんを呼び、必ずお母さんがやってくる、という話です。厚紙でてきているので子供もめくりやすそうです。動物の数もページごとに増えているので数を数えるのにも適しています。ただ、いつも疑問に思うのですが、いつでも「おかあさん」が登場して「おとうさん」が同じ役割を果たす本が少ないのは残念です。
    娘はこれをたくさん読んだあとはすぐに「おかあさーーーーーん」と大声で私を呼ぶようになりました。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなママが大好き

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     こいぬ、こねこ、こぶた、ひよこたちがお母さんを呼びます。こいぬは「くーん、くーん」、こねこは「みー、みー」とそれぞれ、みな呼び方が違います。じゃあ、この女の子はなんて呼ぶのかな?「おかあさーん」って呼びました。
     子供たちが母親を呼ぶと、次の見開きで母親が登場。そこには親子の触れ合う姿が、写実的かつわかりやすいイラストで描かれています。こういう、子供の好きな対象物が現実のままに描かれる絵本、赤ちゃんにはとても大切だと思います。みんなお母さんが好きなんだよ、というメッセージが、自分も母親と触れ合うことで確認できること、小さな頃はこの愛情の確認が大切ですね。この作品は、そんな愛がいっぱい詰まった赤ちゃんのための絵本です。息子も娘も、最後の女の子が母親にだっこされるページが好きでした。安心するのかな。

    掲載日:2002/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット