にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

「ポ−とメリ−」 みんなの声

ポ−とメリ− 作:野村 辰寿
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 0
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ポ−とメリ−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長女のお気に入りの本なのですが・・・

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

    何度読んでもワクワクする本って、けっこうたくさんありますよね?この本は、1年生の長女が好きで、よく読んで欲しいと持ってくるのですが、私は内心「え〜またこれ〜?」と思ってしまうんです。一度読めばもういいみたいな・・・。
    ポ−とメリ−という羊のカップル(かな?)が、花を探して冒険する話で、狼に追いかけられたり、川に落ちたり、ハラハラするシ−ンが多いのに、ワクワクしないのはなぜかな〜と考えてみると、冒険が全部夢だったという終わり方に、問題があるような気がします。(この手の代表作は「不思議の国のアリス」ですね。実はこれもあまり好きじゃないんです、私。)
    絵本の魅力のひとつに、想像の世界での冒険があり、それは絵本を開いた時から始まると思うのです。あえて夢の中の出来事にしてほしくないと思うのは私だけでしょうか?
    絵自体もすごくていねいにかかれていて、ポ−とメリ−もかわいらしいキャラクタ−ではあるのですが(この辺が長女の心をくすぐるらしい?)、私個人としては、マンガチック(なものの中にも好きな絵はたくさんあるのですが・・・)で、あまり好きな絵ではありません。(好みの問題かしらね。)
    ただ、作者の名誉のためにひとつ付け加えると、教育テレビでやっている「JAM」とかいう、おうちをしょったかたつむり(?)のアニメは好きです。
    あくまでも、私個人のこの絵本に対する感想です。

    掲載日:2002/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(0)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット