大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ふしぎなはなや」 みんなの声

ふしぎなはなや 作:竹下 文子
絵:杉浦 範茂
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784577035924
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
「ふしぎなはなや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ふしぎな展開です

    5歳の息子に読んでやりました。お花屋さんのお話ですが、いろんな不思議なことが起こります。それをお花屋さんの息子の視点で語られるのですが、なぜそんなことが起きるのかはわかりません。その種明かしは最後にあるのですが・・・。

    そんな不思議なことができたらいいなー、お花屋さんも楽しいだろうなと思わせてくれる絵本ですよ。ただ、ちょっと男の子には退屈かな。お花屋さんになりたい女の子には夢があって楽しめるお話です。できれば女の子に読んであげてください。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な展開

    お花屋さんってロマンチックな仕事だと思いますが、大変なのでしょうね。
    花は人の心に響くものだと思うけれど、あれは魔法使いの仕業だったのですね。
    不思議な展開には驚かされましたが、花の図柄には感心しました。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんが片目をつぶると不思議なことが起こります。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    私は「何と無くわかるわ〜」と思いながら読みました。花でも動物でも、優しい人と一緒に暮らしたいものね。お父さんとお母さんが魔法使いだと知ったら、けんたはどんな反応をするのかな?心がほんわかするお話でした。絵もほんわかしていていいですね。

    掲載日:2014/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的なはなやさん

    けんたのおうちは花屋さんです。
    女の子みたいだからと、けんたは嫌がりますが、娘はいいなぁと羨ましそうです。
    花屋ははなやでも、ちょっと変わった花屋さん。ふしぎなお花屋さん。
    そんな不思議な世界に娘も私も夢中になりました。

    絵もとても素敵で、よくあるお花屋さんの描き方とは違って、個性的なんですがそんな感じも素敵です。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 売ってもらえるかしら

    本当に花を愛している人にしか売って貰えないのでしょう。
    はなやのかあさんの合図で花がしおれたり閉じたり、
    お客さんの心の中が見えるのでしょうね。
    このお花屋さんに花を買いに行ったら、売って貰えるか
    ドキドキしちゃいそう。
    まほうつかいのはなや、素敵なお店です。

    掲載日:2013/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が幼稚園児の時に読んだ本なので、かれこれ30年前になります。
    まだあるんだ〜、と懐かしくなりました!
    主人公がはなやである自分の家の温室を探検しているシーンにどきどきわくわくしたことがすごく印象に残っていました。

    久しぶりに読み返したら、やっぱり温室探検にわくわくしました。
    実際にはあり得ないであろう、ジャングルになっていくほど大きな深い温室。
    こんな温室が自分の家にもあったらどんなに楽しいだろうと、大人になっても思いました。
    自分の家なのに知らない場所があるということはとても惹かれることです。
    温室に住んでいるライオンはどことなく間抜けな顔をしていて愛嬌があり、きっと好きになっちゃいますよ!

    我が子にもぜひ読ませたいです。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は…

    このお話は実は花屋さんのお話ではなくって…魔法使いのお話でした。最近の仮面ライダーも魔法使いなので、このお話にはとっても興味津々でした。魔法で、お花たちを幸せにしている感じがとっても素敵で優しいストーリーでした。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥様は魔女です

    「奥様は魔女です」を思い出して魔女っていいなあって憧れてしまいました。けんたのとうさんとかあさんが魔法使いであるから、けんただって魔法がいつか使えるようになると思います。この続編が読んでみたいと思いました。けんたにそろそろ魔法を教えてやろうかと思っている両親にやっぱりその後どうなったの?って知りたい私です。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • マジカル花屋

    なんかウィンクしながら口をもぞもぞさせる魔女を思い出しましたが……。
    お仕事をするお父さんやお母さんは、魔法使いに見えるぐらい子供にとって不思議なのでしょうか。
    なにもない所からなにかを作り売って、生業としている。間近で見られるのはいいことですね。

    テーマがちょっとわかりづらかったのと、見てくれだけで判断して反応するお母さんがず〜っと最後まで引っかかってしまって。
    娘の方は「不思議な話やなぁ」と読後しげしげと眺めて、まずまずの反応でした。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秘密に気付くのは

    けんたが花屋は女の子みたいとイメージする絵がおもしろかったです。

    来る客によって、対応するお母さんが、不思議なことをするのが印象的でした。不思議な花屋、ひょっとしら秘密の花屋かもしれません。

    でも、お客さんを選り好みして経営が成り立つのかとも心配になりましたが、最後まで読んで案外大丈夫そうかもと思いました。

    けんたが秘密に気付くのは一体いつなんでしょうね。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット